NCIの研究から、スニチニブが腎細胞癌に有効であることが判明

NCIニュースメモ

転移性腎細胞癌(頻度の高い腎癌)の患者を対象とした臨床試験によると、スニチニブ(スーテント)投与後も腫瘍増殖は早まらないことが分かり、いくつかの動物実験でみられた結果とは異なった。スニチニブは血管増殖の抑制を目的とした数種類の薬剤(市販後、試験段階を問わず)のうちの1つである。これまで、このような薬剤により誘発された腫瘍血管の変化は腫瘍増殖の促進や癌の進展につながるのか、という議論が動物実験をもとになされていた。本研究はTito Fojo医学博士(NCI腫瘍内科部門、実験治療室長)の研究班が行い、それが事実と違うことが分かった。研究結果は2013年2月7日付のCell Reports誌に掲載されている。

サイズが小さく比較的早期の癌を調べるマウスモデルを使用することは、腫瘍が数センチ規模にまで大きくなることの多い人体で調べるよりもはるかに難しいと考えられる。研究班はスニチニブにより腫瘍増殖が早まるのかを調べるため、腎癌患者を対象としたスニチニブとインターフェロンαを比較検討するランダム化第3相試験のデータを分析した。新しい有効性評価法を使用したところ、スニチニブにより腫瘍の増殖速度が低下するのと同時に生存率も改善し、投薬終了後も腫瘍動態に悪影響を与える様子も見られないことが分かった。研究結果から、動物モデルから考えられた懸念はスニチニブ投与中の患者には当てはまらず、また類似薬を投与中の患者にも当てはまらないであろうと考えられるが、同時にさらなる研究が必要であることも言える。

(キャプション)スニチニブの分子モデル

翻訳担当者 渋谷武道

監修 榎本 裕(泌尿器科/東京大学医学部付属病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

腎臓がんに関連する記事

腎がん術後キイトルーダの延命効果が初めて試験で示されたの画像

腎がん術後キイトルーダの延命効果が初めて試験で示された

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「KEYNOTE-564試験の最新結果は、腎臓がんの術後療法におけるペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の有効性に焦点を当て...
体幹部定位放射線治療(SBRT)が早期腎臓がんの重要な治療法となる可能性の画像

体幹部定位放射線治療(SBRT)が早期腎臓がんの重要な治療法となる可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ一部の腎臓がん患者にとって、体幹部定位放射線治療(SBRT)と呼ばれる治療法は、手術が選択できない場合に非常に有効な治療法と考えられることが...
ベルズチファンはエベロリムスより進行腎がんの予後を改善の画像

ベルズチファンはエベロリムスより進行腎がんの予後を改善

ダナファーバーがん研究所免疫チェックポイント阻害薬および抗血管新生薬による治療歴のある患者において、新たな安全性の懸念が生じることなく無増悪生存期間が改善した

第3相臨床試験において、ベ...
進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果の画像

進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果

ダナファーバーがん研究所研究の概要

表題:免疫チェックポイント阻害薬による治療の後進行した転移性腎細胞がんに対するアテゾリズマブ+カボザンチニブ併用療法とカボザンチニブ単独療法の有効性と...