[ 記事 ]

FDAがRET遺伝子変異を有する甲状腺髄様がんにプラルセチニブを承認

2020年12月1日、米国食品医薬品局(FDA)は、全身治療を必要とする進行もしくは転移RET変異甲状腺髄様がん(MTC)、または、全身治療を必要とするRET融合遺伝子陽性甲状腺がんで、放射性ヨウ素抵抗性(放射性ヨウ素治療が適切な場合)の成人患者および12歳以上の小児患者を対象に、プラルセチニブ(販売名:GAVRETO、Blueprint Medicines Corporation社)を承認した。

有効性は、多施設非盲検多コホート臨床試験(ARROW、NCT03037385)において、腫瘍にRET遺伝子変異が認められる患者を対象に検討された。RET遺伝子変異の同定は、試験実施地域の施設において、次世代シーケンシング、蛍光in situハイブリダイゼーション、またはその他の検査のいずれかを用いて、前方視的に判定された。

主要有効性評価項目はRECIST 1.1を用いて、盲検化された独立審査委員会により決定された奏効率(ORR)および奏効期間であった。進行または転移RET遺伝子変異甲状腺髄様がん(MTC)に対する有効性は、カボザンチニブまたはバンデタニブの治療歴がある患者55人で評価された。これらの患者のORRは60%(95%信頼区間[CI]:46%~73%)であり、奏効患者の79%で奏効が6カ月以上持続した。有効性は、カボザンチニブまたはバンデタニブの治療歴がないRET遺伝子変異MTC患者29人でも評価された。ORRは66%(95%CI:46%~82%)であり、患者の84%で奏効が6カ月以上持続した。RET融合遺伝子陽性甲状腺がん患者に対する有効性が、放射性ヨウ素抵抗性患者9人で評価された。ORRは89%(95%CI:52%、~100%)であり、奏効患者全員で奏効が6カ月以上持続した。

最もよくみられた副作用(25%以上)は、便秘、高血圧、疲労、筋骨格痛、および下痢であった。最もよくみられたグレード3~4の異常検査所見(2%以上)は、リンパ球減少症、好中球減少症、ヘモグロビン減少症、低リン酸血症、低カルシウム血症(補正値)、低ナトリウム血症、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)増加、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)増加、血小板減少症、およびアルカリホスファターゼ増加であった。

成人および12歳以上の小児におけるプラルセチニブの推奨用量は、1日1回、空腹時における400mgの経口投与でである。プラルセチニブ服用の少なくとも2時間前と1時間後には食物を摂取してはならない。

GAVRETOの全処方情報はこちらを参照。

本審査には、Real-Time Oncology Review(RTOR)パイロット・プログラムおよびFDAによる評価を円滑に進めるために申請者が自発的に申請を行うAssessment Aidが使用された。FDAは本申請をFDAの目標期日の3カ月前に承認した。

本申請は、奏効率および奏効期間に基づいて迅速承認された。本適応の継続的な承認には、検証的試験での臨床的有用性の検証と説明が条件となる可能性がある。

本申請は、優先審査、画期的治療薬およびオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)に指定された。FDA迅速承認プログラムに関する情報は、「企業向けガイダンス:重篤疾患のための迅速承認プログラム-医薬品およびバイオ医薬品」(Guidance for Industry: Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics)に記載されている。

翻訳渡邊 岳

監修山崎知子(頭頸部・甲状腺・歯科/宮城県立がんセンター 頭頸部内科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事