HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低い | 海外がん医療情報リファレンス

HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低い

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低い

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

医療専門家の推奨がワクチン接種への理解を深める重要な要因との調査結果

 

ASCOの見解

Merry-Jennifer Markham医師(米国内科学会フェロー/ASCOがんサバイバーシップ専門委員)

「近年、若年がんサバイバーは治療後に長期間生存できるようになった一方、その健康への影響は大きい。今、HPVワクチンは簡単に接種でき、がんを予防できるが、大半のサバイバーがこれを十分に活用できていないことが問題視されている。若年サバイバーにとって、腫瘍内科医やプライマリケア医は頼れる存在であるが、HPVワクチンに対する壁は確実に存在している。この研究では、ワクチンについて話し合うことが少なからず壁を取り払うことにつながると提案している。」

 

米国のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種率は上昇しているものの、まだ目標とする割合には達していない。最新の研究では、HPVワクチンの接種率は、がんに罹患したことのない人が40%であるのに比べて、小児がんサバイバーでは24%と著しく低いということを明らかにした。4分の3近くの対象者は、医療専門家がワクチン接種を積極的には勧めなかったと回答した。

 

これは、小児がんサバイバーのHPVワクチン接種率に関しての最初でかつ最も包括的な研究として、Journal of Clinical Oncology誌電子版に本日付で掲載された。

 

本研究著者を務めたSt. Jude Children’s Research Hospital(テネシー州メンフィス)の準会員で、ABPP(米国専門心理士認定機関)認定心理士のJames Klosky博士は、「今回の研究から、がん予防に有効で手軽な方法があるにもかかわらず、小児がんサバイバーがこれを十分に活用していないことがわかります。小児がんサバイバーは、同世代の非小児がん経験者よりも、このワクチンを接種することで大きな効果が得られます。だからこそ、私たち臨床医は、HPVワクチンについてもっと患者に知ってもらわなければならないのです」。

 

HPVは、ほとんどの子宮頸がんおよび多くの口腔、肛門、膣、外陰および陰茎のがんを引き起こす。米国では、推定で毎年690万人の青少年がHPVに感染している。がん治療は多くの場合で免疫防御を抑制するため、小児がんサバイバーは特にHPV感染の影響を受けやすい。米国臨床腫瘍学会(ASCO)をはじめとする主要学会は、がん予防のためには、9歳から26歳の男女双方にHPVワクチンを接種することを推奨している。

 

研究について

研究者らは、9〜26歳の小児がんサバイバーで1〜5年前に治療を完了した982人を対象に調査を行った。参加者の大半(59%)は白血病またはリンパ腫のサバイバーであった。

 

この調査では、対象サバイバーがHPVワクチンを受けたかどうか、医療関係者がワクチンを推奨したかどうか、ワクチン接種に対する意見について質問した。研究チームは、彼らのワクチン接種率を、一般集団データとしての「十代を対象とした全米予防接種調査」と「国民健康面接調査」のワクチン接種率と比較した。

 

主な結果について

小児がんサバイバーのHPVワクチン接種率は、一般集団と比べて著しく低かった(24%対40%)。 この結果は男女共に当てはまるものであったが、男性では女性よりもさらに接種率が低くなった。

 

サバイバーと一般集団のワクチン接種率の差は、13~17歳で最も大きかったが(22%対42%)、18~26歳では接種率は両群いずれも低かった(25%対24%)。

 

医師の推奨が欠けていたことが予防接種の最も大きな障害となっていた。医師がHPVワクチンを推奨しなかったと回答したのは参加者の72%に昇り、このうちワクチン接種を受けたと報告したのはわずか5%であった。一方、接種を推奨された28%のうち、半数以上がワクチン接種を受けた。

 

その他では、小児がんサバイバーがワクチンは保険適用されないと考えていたことも、ワクチン接種に対する障壁として挙げられた。

 

「ワクチンについては諸説あるが、こうした説の多くには根拠がなく、多くの文献によって否定されている」とKlosky博士は言う。「小児がんサバイバー本人、またはその両親がHPVワクチン接種に対して懸念がある場合は、信頼できる医療従事者に相談するべきです」と語った。

 

今後の取り組みについて

Klosky博士は、「サバイバーにとって医師からの奨めがあるかないかは、一般の人以上に大きな影響を及ぼします。我々は今回の結果を基に、医療従事者を対象とした介入法の開発を計画しています。治療の継続とワクチン接種計画を立てるうえで、がんサバイバーとプライマリケアチームとのコミュニケーションはなくてはならないものです」と述べた。

 

本研究は米国国立がん研究所(NCI)、MSD社の研究者主導研究プログラムおよびAmerican Lebanese Syrian Associated Charities(ALSAC)による資金提供を受けた。

原文掲載日

翻訳JAMTステップアップ!チーム

監修辻村信一(獣医学・農学博士、メディカルライター/メディア総合研究所)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10DNA修復遺伝子の生殖細胞変異は前立腺がんの生存に影...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他