カペシタビンが胆道がん生存期間を1年以上延長する | 海外がん医療情報リファレンス

カペシタビンが胆道がん生存期間を1年以上延長する

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

カペシタビンが胆道がん生存期間を1年以上延長する

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

ASCOの見解

「本試験は標準治療法が今までなかった胆道がんの補助療法に関する長年の課題を解決するのに役立ちます。この経口剤による化学療法は広く普及しており、患者に1年以上、生存を延長する機会を提供することができます」と、ASCO会長Daniel F. Hayes医師(FACP、FASCO)は語った。

 

胆道がん(胆管がんおよび胆のうがん)患者447人を組み入れた第3相ランダム化試験において、術後にカペシタビンを投与した患者は手術だけを実施した患者と比較して生存期間が中央値で15カ月延長したことが示された。この知見は本疾患の新たな標準治療の礎となる可能性がある。

 

BILCAPと呼ばれる本試験は、このまれで治療が困難ながんにおいて、補助療法使用を検討するのに十分な規模で実施した初のランダム化試験の一つである。本試験はシカゴで開催予定のASCO2017年次総会で発表されることになっている。

 

「胆道がんは、近年まで治療に関する研究が少なかったため、まったく必要性が満たされていない疾患です。われわれの試験は十分な数の患者を対象として実施した初の試験として、術後化学療法が生存期間を有意に延長でき、副作用もわずかであることを示しています」と、英国サザンプトン大学の外科教授である本試験の筆頭著者、John N. Primrose医師は述べた。

 

胆道がんおよびBILCAP試験について

肝内および肝外胆管と胆のうは胆道を形成する。胆道は、脂肪消化に役立つ肝臓の産物である胆汁を運び、貯蔵する。胆道がん患者は、約20%しか手術で切除できず、手術が成功しても5年生存の割合は10%に満たないという、かなりの困難に直面する。

 

英国で本試験がデザインされた頃は胆道がんに対する標準的な補助療法がなかった。よく使われているいくつかの全身療法からカペシタビンを選択したのは、錠剤で投与できることと、転帰が同様に不良の疾患である膵がんにおいて有効性を示したからである。試験開始後には、英国で実施された他の試験の結果に基づき、化学療法薬ゲムシタビンおよびシスプラチンの二剤併用が、進行胆道がんに対する現在の標準治療法となった。

 

主な知見

試験では患者447人を、カペシタビンの6カ月投与、または、がん再発の観察のいずれかに無作為に割り付けた。80%以上の患者に定期的な臨床検査、CT検査、後に腫瘍バイオマーカー決定に役立つ可能性があるさまざまな血液検査を3年間以上行い、追跡した。

 

観察群の患者が術後、中央値36カ月生存したのに対して、カペシタビン投与群の患者は中央値51カ月生存した。カペシタビンは観察群と比較して死亡率の20%低下に関連していたが、カペシタビン投与を早期中止した患者を含めた447人の本試験全集団では統計学的に有意差はなかった。しかし、試験実施計画書に基づき、治療を受けた患者430人のサブグループでは、カペシタビンは観察群と比較して25%の死亡率低下に関連しており、この差は統計学的に有意であった。

 

がん再発までの期間の中央値はカペシタビン投与群の患者で25カ月、対照群の患者で18カ月であった。治療に関連した最も顕著な副作用は手足の発疹であり、これはカペシタビンでよくみられる副作用である。カペシタビン投与による死亡はなかった。

 

次の段階

「われわれの試験で得た最大の利益の一つは、ゲノム解析に利用できる非常に正確な臨床データに関連する腫瘍組織を収集できたことです。今世紀初頭に本試験を計画し始めてから、がんをその遺伝子プロファイルに基づいて治療するいくつかの薬剤など、多数の新規薬剤が利用可能になりました。これこそがわれわれの収集した腫瘍組織が重要な役割を担う分野です」とPrimrose医師は語った。

 

一方、Primrose医師は次の点を強調した。その新しい手法のためには、胆道がんの臨床試験を早急に展開し、患者を募る必要がある。本試験の10年というタイムラインは、治療および手法が急速な発展を遂げる時代には長すぎるからである。国際的な協力が切望されるとPrimrose医師は話す。

 

胆道がんには4種類の異なるタイプがあり、そのうちの3種は肝臓と肝管が含まれるタイプで、1種は胆のうが含まれるタイプであるため、著者らは現在、サブグループ解析に取り組んでいる。この解析は、補助化学療法が最も有益である患者をより正確に特定するのに役立つ可能性がある。

 

本試験は英国がん研究所から助成金を得た。

 

全要約についてはここを参照

 

 

ASCO2017年次総会のニュースプランニングチームに関してはこちらの情報開示を参照。

 

Daniel F HAYES医師(FACP、FASCO)の情報開示:
OncoImmune 社およびInBiomotion社の株式その他の持ち分の所有権。Lilly社から謝礼。 Janssen Research & Development (Inst.)社、 AstraZeneca (Inst.)社、Puma Biotechnology (Inst.)社、 Pfizer (Inst.)社、Lilly (Inst.)社、Merrimack Pharmaceuticals/Parexel International Corporation (Inst.)社から研究助成金。循環性腫瘍細胞に関してJanssen Diagnostics社へのライセンス技術提供による使用料を伴う特許権、特許権使用料その他の知的財産権。
Janssen Diagnostics社から旅費、宿泊費、諸費用。

 

Bruce E Johnson医師(FASCO)の情報開示:
KEWグループの株式その他の持ち分の所有権。Chugai Pharma社、Merck社から謝礼。Amgen社、AstraZeneca社、Boehringer社、Ingelheim社、 Chugai Pharma社、Clovis Oncology社、Genentech社、GlaxoSmithKline社、KEW Group社、Lilly社、Merck社、Novartis社、Transgene社の顧問相談役。Novartis (Inst.)社、Expert Testimony for Genentech.社から研究助成金。

原文掲載日

翻訳有田香名美

監修野長瀬祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3がんサバイバーが感じる再発への恐れに、新たな心理介入...
  4. 4非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  5. 5リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  6. 6ライトタバコの使用が肺腺がんの増加に関連
  7. 7ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9心理的介入による進行がん患者の苦痛緩和
  10. 10新たな循環腫瘍DNA解析技術によるがんゲノムの探究

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他