子宮頸部前癌病変の発見には複数生検が効果が高い | 海外がん医療情報リファレンス

子宮頸部前癌病変の発見には複数生検が効果が高い

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

子宮頸部前癌病変の発見には複数生検が効果が高い

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日:2014年11月24日

 

子宮頸部を酢酸で変化させるコルポスコピー(拡大腟鏡診)として知られる視診では、前癌病変の生検(組織診)標本は、酢酸による変化が最も強い1カ所のみよりも複数部位から採取する方がより効果的である。これは米国国立癌研究所(NCI)の研究者らが新たに調査したもので、複数生検のアプローチは病変の早期発見に寄与し、陰性といったん判定された女性が不必要な生検を繰り返すことを避けられるという。子宮頸癌のスクリーニングでは通常、子宮頸部表面から採取した擦過細胞を検査し、細胞異型が発見された場合は、前癌病変を検出するためコルポスコピーと生検に照会されることになる(前癌病変は典型的には高度扁平上皮内病変[HSIL]と分類される)。生検の結果により、その病変の切除が必要かどうかを判定するが、コルポスコピー時の生検が1カ所のみではHSILが発見できない可能性がある。最大4カ所から生検標本を採取した690人の女性を対象として調査した結果、HSIL検出感度は1カ所生検で60.6%であったのに対し、2カ所では85.6%、3カ所では95.6%に上昇した。

 

2009年2月~2012年9月に、子宮頸癌スクリーニングで細胞異型が認められた18歳以上の女性が米国オクラホマヘルスサイエンスセンター(Oklahoma Health Sciences Center)で登録されて治療を受け、調査対象とされた。この調査報告はJournal of Clinical Oncology誌(2014年11月24日号)に掲載された。子宮頸部に複数の病変が存在する場合は生検部位を追加することが標準となるだろう、と主著者であるNCI癌疫学遺伝学部門のNicolas Wentzensen 医学博士は結論した。米国では毎年約300万人の女性が婦人科専門医によるコルポスコピーを受けている。生検で採取される組織は、子宮頸部表面で癌の疑いが最も高いと思われる1カ所のみが選ばれることが多い。

 

原文

翻訳川又総江

監修喜多川亮(産婦人科/NTT東日本関東病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他