新規分子標的薬レンバチニブは、放射性ヨウ素抵抗性の進行分化型甲状腺癌患者において高い奏効率をもたらし、癌の進行を遅らせる | 海外がん医療情報リファレンス

新規分子標的薬レンバチニブは、放射性ヨウ素抵抗性の進行分化型甲状腺癌患者において高い奏効率をもたらし、癌の進行を遅らせる

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

新規分子標的薬レンバチニブは、放射性ヨウ素抵抗性の進行分化型甲状腺癌患者において高い奏効率をもたらし、癌の進行を遅らせる

米国臨床腫瘍学会(ASCO) ASCO2014

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事

 

レンバチニブは、標準的放射性ヨウ素(radioiodine;RAI)内用療法に抵抗性の分化型甲状腺癌に非常に有効であることがSELECT第3相臨床試験の結果により示された。この新規経口分子標的薬は疾患の増悪を14.7カ月遅延させた。また、患者の約3分の2に腫瘍縮小が認められた。全生存期間(OS)の中央値にはまだ到達していない。

 

「この試験結果から、レンバチニブがいずれは放射性ヨウ素抵抗性甲状腺癌に対する標準的治療法になると私達は確信しています」と筆頭著者である、フランスのパリ大学(パリ南)腫瘍学教授Martin Schlumberger医師は述べた。「ほんの1年前には、これらの患者に対しては有効な治療選択肢がありませんでした。現在では臨床現場で活性を示す薬剤が2つあり、どちらもチロシンキナーゼ阻害剤で、これは注目に値します」。

 

分化型甲状腺癌は最も頻度が高い甲状腺癌であり、米国では毎年、甲状腺癌と診断される60,000症例の約85%を占める。分化型甲状腺癌は通常、標準的治療法である手術やRAIで治療できるが、約5~15%の患者がRAI内用療法抵抗性の分化型甲状腺癌を発症する。もう1つの分子標的薬ソラフェニブは、同じRAI内用療法抵抗性の分化型甲状腺癌患者の治療薬として、2013年11月FDAに承認された。

 

レンバチニブは経口チロシンキナーゼ阻害剤であり、VEGFR1 – 3、FGFR1-4、PDGFR-β、KIT、RETなど癌細胞内にある数種類の標的を阻害する。レンバチニブについては現在、第2相および第3相臨床試験で肝臓癌、肺癌、腎癌やその他の固形腫瘍に対する治療薬としての可能性が研究されている。

 

この試験では、1年以内に進行したRAI内用療法抵抗性の進行分化型の甲状腺癌患者392人をレンバチニブ投与群とプラセボ投与群とに無作為に割り付けた。プラセボ投与群の患者には、増悪した場合にレンバチニブ投与へ移行することが許されていた。

 

レンバチニブ投与患者の約65%で腫瘍縮小が認められたが、プラセボ投与患者では3%のみであった。ほとんどの奏効は試験開始から2カ月以内に認められた。レンバチニブ投与群での無増悪生存期間(PFS)中央値は18.3カ月であり、プラセボ投与群では3.6カ月であった。全生存期間(OS)の中央値にはまだ到達していない。

 

レンバチニブ投与でみられた最も頻度の高い5つの副作用は高血圧、下痢、食欲減退、体重減少および悪心であった。患者の78.5%において、これらの副作用によりレンバチニブの投与量が減量されたが、その利益は減少した投与量によっても持続したとSchlumberger氏は指摘した。

 

本研究は、エーザイ㈱による支援を受けた。

 

ASCOの見解:
「私達が目のあたりにしている稀な癌に対する分子標的薬の進歩には勇気づけられます」とGregory A. Masters医師(ASCO専門医)は述べた。「分化型甲状腺癌患者では従来、RAI内用療法を実施しても増悪した場合には、治療選択肢はごく限られていました。現在では、この新薬レンバチニブは副作用が少ない有効な治療選択肢になります。また、癌が増悪する前に患者の生存期間を延長させることができます」。

 

抄録全文参照:http://abstracts.asco.org/144/AbstView_144_132694.html

 

原文掲載日

翻訳渡邊岳

監修辻村信一(獣医学・農学博士、メディカルライター/メディア総合研究所)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  9. 9濾胞性リンパ腫治療の新時代
  10. 10脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他