HIVとインフルエンザウイルスは、構造的な設計が類似している | 海外がん医療情報リファレンス

HIVとインフルエンザウイルスは、構造的な設計が類似している

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

HIVとインフルエンザウイルスは、構造的な設計が類似している

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日:2013年10月23日

 

細胞に感染するために、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)はエンベロープ・グリコプロテイン・スパイクと呼ばれるタンパク質を用いてウイルス自体を付着させ細胞膜に融合する。米国国立癌研究所(NCI)の研究者達がクライオ電子顕微鏡を用いて前融合状態での、このスパイクの構造を明らかにした。  実験では、このスパイクは3つのα-ヘリックス(タンパク質断片)の束によって、互いに結合していることが示された。スパイクが細胞の表面にある受容体に結合する時に活性化して、スパイクの外側の部分がヘリックスの束から旋回し離れていた。この再配列によって、スパイクはHIV感染の過程を開始することが可能になる。このHIVスパイクの活性化モデルは、他のエンベロープを持ったウイルス、例えばインフルエンザウイルスのモデルと類似している。これらのウイルス間の驚くべき相関性は、新規治療法を開発している研究者達に対して、研究への新たな道を開くことを可能にする。

 

本研究は、NCI癌研究センターのSriram Subramaniam博士と共同研究者達によって実施され、Nature   Structural and Molecular Biology誌2013年10月23日号に掲載された。インフルエンザウイルスのスパイクの分子構造に関するこれまでの知見は、主にX線結晶学から得られていたが、Subramaniam博士のチームはクライオ電子顕微鏡を用いてHIVのスパイクについての研究で、前融合状態と活性化状態の両方の構造を明確にした。さらに、研究者達はクライオ電子顕微鏡を用いて、各種の多重タンパク質複合体が、いかにして細胞内信号伝達に重要であり、代謝が構築されるのかについて、また、これらの複合体がどのように癌のような疾患に変化するのかを明確にした。

 

原文
 

翻訳松川深玲

監修辻村信一 (獣医学/農学博士、メディカルライター/株式会社メディア総合研究所)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  7. 7ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他