HPVワクチンは口腔HPV感染も予防する | 海外がん医療情報リファレンス

HPVワクチンは口腔HPV感染も予防する

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

HPVワクチンは口腔HPV感染も予防する

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日:2013年7月17日

 

子宮頸癌の70%で発症原因となる二つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)を標的とするワクチンを接種した女性らに、口腔HPV感染の予防という新たな効果が認められた。その口腔感染は扁桃や咽頭の癌(中咽頭癌)につながる恐れがある。このワクチンが子宮頸癌だけでなく、生殖器と肛門のHPV16型および18型の感染や関連疾患を防ぐことは、これまでに立証されている。今回の研究以前に、口腔HPV感染に対するワクチンの有効性は明らかになっていなかった。米国国立癌研究所(NCI)の研究者らはコスタリカの研究者らと協力して、ワクチンが口腔感染を90%以上減少させたと明らかにした。この結果は、PLOS ONE誌2013年7月17日号において発表された。

本研究はNCIコスタリカワクチン臨床試験、すなわち子宮頸部のHPV16/18型の感染や関連疾患に対するワクチン効果を評価するよう計画されたランダム化臨床試験の一環であった。2004年から2005年にかけて、臨床試験責任医師らは18歳から25歳の健康な若い女性7,466人を臨床試験に組み入れた。女性らは、HPV16/18型ワクチンまたは対照ワクチンのいずれかを接種するよう割り付けられた。ワクチン接種から4年後、参加者らは口腔内採取した検体を提供し、それによって研究者らは、ワクチンが口腔HPV感染を予防するかどうかを判定することができた。臨床試験責任医師らは、口腔HPV16/18型感染に対するワクチンの有効性が93%であったことを示した(HPVワクチン接種群での1例に対し、対照ワクチン接種群では15例の感染が報告された)。口腔内の感染は生殖器官内に比べて発症はより少なく、また口腔感染が癌に進行することはごく稀である。今回の研究発表の統括著者であるNCIのAimée R. Kreimer医学博士によれば、本ワクチンは大多数の口腔感染を予防すると見込まれ、ゆえにHPVが関連した中咽頭癌の減少に寄与するという。

原文

翻訳木下さとこ 

監修東 光久(血液癌・腫瘍内科領域担当/天理よろづ相談所病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10DNA修復遺伝子の生殖細胞変異は前立腺がんの生存に影...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他