骨髄異形成症候群に対するエピジェネティック薬の治療効果を検出する正確なマーカーを同定 | 海外がん医療情報リファレンス

骨髄異形成症候群に対するエピジェネティック薬の治療効果を検出する正確なマーカーを同定

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

骨髄異形成症候群に対するエピジェネティック薬の治療効果を検出する正確なマーカーを同定

米国がん学会(AACR)

• 現在使われているマーカーは不正確であることが示された
• 研究者らは2つのバイオマーカーを同定し、検証した
• 簡単な尿検査によりエピジェネティック薬治療の効果の検出が可能となることが研究で明らかになった

 

南カリフォルニア大学(ロサンゼルス)の博士研究員であるXiaojing Yang博士によると、研究者らは骨髄異形成症候群(MDS)患者におけるエピジェネティック薬の効果を、医師がより正確に判断できる2つのDNAメチル化マーカーを同定し、検証した。Yang氏は4月6日~10日にワシントンD.C.で開催された2013年度AACR年次総会において、そのデータを発表した。

 

「エピジェネティック薬が患者に実際に効いているかどうかわからないというのが現段階の医師の評価です。そのため治療を止めるべきか、投与量を増やすべきかを決定するのが難しくなっているのです」とYang氏は述べた。「われわれはなぜかと考えました。なぜ現行のマーカーはうまく機能しないのか、より正確なマーカーを探すべきではないでしょうか?」

 

Yang氏によれば、DNAメチルトランスフェラーゼ阻害剤(DNMTi)と呼ばれる薬は、癌の発生を抑制する遺伝子を発現させることにより効果を発揮する。MDS患者では、DNA骨格へのメチル基の付加(メチル化と呼ばれる一種のエピジェネティック修飾)により癌抑制遺伝子の発現が阻止されており、DNMTiはDNAへのメチル基の付加を阻害する。

 

現在、LINE-1エレメントとして知られるDNA配列のメチル化の変化を測定することが、DNMTiが効いているか否かの予測因子として広く使われているが、最近の研究から、DNMTiの中断後、LINE-1の再メチル化が他の領域より早く起こることがわかった。つまりLINE-1のメチル化の変化はDNMTiによる全体的な脱メチル化効果を反映していないことを意味しているとYang氏は述べた。

 

Yang氏らは、DNAメチル化状態を検出するより正確なマーカーを探した。Infinium DNAメチル化プラットフォームを使って27,000のゲノム領域のメチル化プロファイルを評価した。研究チームは、正常および腫瘍膀胱組織サンプル、また健康なドナー由来の白血球について、このゲノム領域のメチル化プロファイルを調べた。3つ全てのサンプルで常にメチル化されている1,429の領域を同定した。

 

次にT24膀胱癌細胞株およびHL60白血病細胞株をDNMTiで24時間処理し、この1,429領域のメチル化プロファイルを調べた。これらのうち79の領域が脱メチル化治療に顕著に反応し、脱メチル化状態は30日以上続いた。さらなる解析では、正常および腫瘍サンプルで恒常的な過剰メチル化が見られた上位2つの領域に着目した。

 

Yang氏らは研究結果を実証するために、DNMTiであるアザシチジン治療を受けた7人のMDS患者の尿サンプルについて、それら2つのマーカーのDNA脱メチル化のレベルを調べた。明らかな減少傾向が見られなかったLINE-1メチル化とは対称的に、2つのマーカーは顕著に脱メチル化されていた。

 

これらの研究結果から、簡単な尿検査を行うことで、DNMTiに対する効果が検出できることになるかもしれないとYang氏は述べた。

 

# # #

AACRについて
1907年に設立された米国癌学会(AACR)は、世界初かつ最大の専門家組織で、癌研究および癌の予防と治療という使命の推進に尽力している。AACRの会員は、90カ国以上、34,000人にのぼり、基礎研究、トランスレーショナル研究および臨床研究に関わる研究者、人口動態研究者、他の医療従事者および癌患者支援者から成る。AACRは、癌関連のあらゆる分野の専門知識を結集し、年間20以上の学会および教育ワークショップを開催して癌の予防、生物学、診断および治療における進歩を促している。最大の学会はAACR年次集会で、17,000人以上が参加する。さらにAACRはピアレビュー学術誌7誌と癌サバイバー、癌患者、および介護者向けの雑誌を発行している。AACRは、価値ある研究に対して資金を直接提供しているほか、多数の癌関連機関と連携して研究助成金を提供している。AACRは、Stand Up To Cancerの学術パートナーとして、癌患者に利益があると見込まれる個人およびチームの研究について、専門家による査読、資金の管理や授与、科学的な監視を行っている。AACRは、癌から命を守るための癌研究および関連のある生物医学の意義について、議員や政策立案者と積極的に意見交換を行っている。

 

原文掲載日

翻訳井上陽子

監修田中文啓(呼吸器外科/産業医科大学教授)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を...
  9. 9ペムブロリズマブ、欧州にて局所進行・転移性尿路上皮が...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他