2005年05月の記事一覧

Novantrone(ミトキサントロン注射原液)の画像

Novantrone(ミトキサントロン注射原液)

原文神経科医、腫瘍医、心臓内科医、消費者向け  Serono社とFDAは医療従事者に、多発性硬化症(MS)の治療薬Novantrone (ミトキサントロン)処方情報の枠線警告、WARNINGS(警告)、DOSAGE AND ADM
ゾメタ(ゾレドロン酸)Zometa (zoledronic acid)の画像

ゾメタ(ゾレドロン酸)Zometa (zoledronic acid)

原文歯科医、腫瘍医向け  ノバルティスとFDAは、ビスフォスフォネート剤ゾメタ(ゾレドロン酸)、アレディア(パミドロネート2ナトリウム)の静注を受けた癌患者にみられる顎の骨壊死(ONJ)について、処方情報の改訂を歯科医に通達した。
Provenge/Provenge®、ホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善の画像

Provenge/Provenge®、ホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善

キャンサーコンサルタンツ2005年5月第3相臨床試験の結果、免疫刺激ワクチンProvenge (APC 8015)がホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善した。これらの結果は、2005年ASCO会議で報告された。 Provengeは
ネクサバール(sorafenib、BAY43-9006)/Sorafenibが転移性腎細胞癌の無進行生存率を改善の画像

ネクサバール(sorafenib、BAY43-9006)/Sorafenibが転移性腎細胞癌の無進行生存率を改善

キャンサーコンサルタンツ 2005年5月フランスの研究者が2005年ASCO年次総会で以下の内容を発表しました。「生物薬sorafenib(BAY 43-9006)が転移性腎細胞癌の患者の治療に低毒性で無進行生存率を有意に改善しました」 &
Lenalidomide(Revlimid)により骨髄異形成症候群の輸血の必要性減少の画像

Lenalidomide(Revlimid)により骨髄異形成症候群の輸血の必要性減少

Lenalidomide Reduces Need for Blood Transfusions in Myelodysplastic Syndrome(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/le
胃癌にドセタキセルを加えることで生存率を改善するの画像

胃癌にドセタキセルを加えることで生存率を改善する

Adding Docetaxel Improves Survival in Stomach Cancer (Posted: 05/15/2005)2005年ASCO会議での報告によると、進行胃癌患者の化学療法にドセタキセル(タキソテール)を
進展型小細胞肺癌に対してイリノテカンが優れていることは確認できずの画像

進展型小細胞肺癌に対してイリノテカンが優れていることは確認できず

Study Fails to Confirm That Irinotecan is Superior in Extensive-Stage Small Cell Lung Cancer (http://cancer.gov/clinical
胃癌、食道癌の術前/術後の化学療法は生存期間を改善するの画像

胃癌、食道癌の術前/術後の化学療法は生存期間を改善する

Chemotherapy Before and After Surgery Improves Survival in Stomach and Esophageal Cancer (http://cancer.gov/clinicaltria
AMN107(Tasigna、nilotinib)とBMS354825(Sprycel、dasatinib)/グリベックで反応の見られないCMLの患者にAMN107(nilotinib)で奏効の画像

AMN107(Tasigna、nilotinib)とBMS354825(Sprycel、dasatinib)/グリベックで反応の見られないCMLの患者にAMN107(nilotinib)で奏効

原文へ グリベックで反応の見られないCMLの患者にAMN107(nilotinib)で奏効 2005/5/4 American Association of Cancer Research (AACR)の2005年の年次総会で最近発表された