ファイザー社がMylotarg〔マイロターグ〕の米国での販売を自主的に中止 | 海外がん医療情報リファレンス

ファイザー社がMylotarg〔マイロターグ〕の米国での販売を自主的に中止

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ファイザー社がMylotarg〔マイロターグ〕の米国での販売を自主的に中止

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年6月21日
Media Inquiries: Elaine Gansz Bobo, 301.796.7567
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

ファイザー社がMylotarg〔マイロターグ〕の米国での販売を自主的に中止

ファイザー社は、骨髄腫の1つである急性骨髄性白血病(AML)の患者を対象としているMylotarg〔マイロターグ〕(gemtuzumab ozogamicin〔ゲムツズマブ・オゾガマイシン〕)の米国内での販売を自主的に中止することを本日発表した。同社は、最新の臨床試験の結果、患者に対する安全性に関し懸念が浮上し、また臨床試験に参加した患者における薬剤の効果が確認できなかったため、FDAからの要請を受けて今回の対応を取った。

Mylotargは2000年の5月に、FDAの迅速承認制度のもとで承認された。FDAはこの制度により、満たされていない医学的ニーズを伴う重篤な疾患を治療するための薬剤を代替評価項目に基づいて承認できる。代替評価項目としては、患者の様態、機能、あるいは生存率といった通常の評価項目の代わりとして、臨床検査値や身体的徴候が用いられる。

この制度のもとでは、薬剤の承認後に効果を確認する臨床試験を実施しなければならない。もし承認後の臨床試験において患者に対するベネフィットが確認されなければ、あるいは当然行うべき試験を製薬会社が実施しなければ、FDAは簡便な手続きでその薬剤を市場から撤退させることができる。

Mylotargは、60歳以上で他の化学療法が適用されないAML患者を対象として承認を受けた。当初の承認は、3回の臨床試験における142名のAML患者に対する寛解率(すなわち、臨床検査値において患者の白血病が改善または完治した割合)に基づいている。

承認後の確認試験はワイス社(現在はファイザー社)が2004年に行った。試験の目的は、Mylotargを標準的な化学療法と併用した場合にAML患者に臨床的ベネフィット(生存期間の延長)がもたらされるかどうかを確認することであった。試験では臨床的ベネフィットに改善がみられず、化学療法のみの場合に比べMylotargを併用した患者での死亡例が多かったため、この試験は早期に中止された。

最初の承認時には、Mylotargは肝中心静脈閉塞症と呼ばれる致死的な重度の肝障害との関連性が認められていたが、この疾患の発症率は市販承認後に上昇した。

FDA医薬品評価研究センター抗腫瘍薬製品室長であるRichard Pazdur医師は、「Mylotargは、破壊的な癌に対する期待できる新治療と信じられていたものを患者へ適用させるため迅速承認を受けた。しかし、臨床試験での確認や市販承認後の数年間での経験から、この薬剤はAML患者にとって臨床上のベネフィットをもたらさないことが判明した」と述べた。

市場からの撤退の結果、Mylotargは今後市販されない。現在この薬剤の投与を受けている患者は、専門の医療従事者と相談のうえで治療を完了してもよい。医療従事者はMylotargを投与されている患者すべてに対し、この薬剤の安全性上のリスクを説明しなければならない。

今後Mylotargを米国内で使用する場合には、どのような場合にも、FDAに治験薬申請を提出しなければならない。
Mylotargはニューヨークを拠点とするファイザー社が製造している。

なお詳しい情報は以下のサイトを参照のこと。
• Pfizer: Mylotarg Withdrawal
• FDA: Access to Investigational Drugs
• FDA: Office of Oncology Drug Products

******

******
朝井 鈴佳 訳
林 正樹(血液・腫瘍科)監修
******


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして...
  9. 9EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他