[ 記事 ]

HIV表面に提示されるEnvタンパク質を画像化

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

 原文掲載日:2012年7月12日

 

低温電子顕微鏡法と呼ばれる技術を使用して、米国国立癌研究所(NCI)の研究者らは、HIV(ヒト免疫不全ウィルス)の一部であり、Envと呼ばれるタンパク質の変形を検出した。Envが宿主細胞上のレセプターに結合時にHIV感染は起こる。この発見はPLoS Pathogens誌の2012年6月12日号に掲載された。この研究を行うにあたって、NCIの研究者らは原型のHIVウイルスと精製されたEnvタンパク質を研究した。そのHIVとタンパク質の検体は、氷晶形成を防ぎその構造を保存する方法として超低温で新鮮凍結された。その冷凍サンプルは電子顕微鏡を使用して画像化された。多くの異なる角度から写したタンパク質イメージを編集することで、研究者らはEnvの3次元モデルの構築を可能になり、宿主細胞に侵入するためにEnvが活性化される時にEnvに起こる変化を決定した。

 

活性化状態のHIVのEnvタンパク質のイメージ化により、そのベースに3つのらせん状のロッド(桿状対)があることが明らかになった。Envのこれらの部位はほとんどのHIV株に高度に保存されるアミノ酸由来であることから、研究者らは、HIVが細胞に侵入する前の非常に脆弱な状態のHIVを攻撃することで、この新たに発見された構造を標的にする抗体の開発が、HIV感染を防ぐための効果的な戦略になるかもしれないという仮説を立てた。この研究室の研究をさらに知るには、http://electron.nci.nih.govサイトにアクセスしてください。
 

原文

翻訳岩崎多歌子

監修後藤 悌(呼吸器内科/東京大学大学院医学系研究科)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事