[ 記事 ]

鼻咽頭癌に対する併用療法において複雑な結果

キャンサーコンサルタンツ

第3相臨床試験の結果は、鼻咽頭癌を放射線治療法および化学療法を併用して治療することは進行を有意に遅らせるが、この併用療法はほかの原因による死亡率を増加させる可能性もあることを示している。この結果はJournal of the National Cancer Institute誌に公表された。

 

鼻咽頭は軟口蓋(口蓋)の上および鼻の奥にある部位である。鼻咽頭癌は頭頸部癌の一種と考えられている。米国では年間およそ4万人が頭頸部癌と診断されている。

 

局所進行鼻咽頭癌は、隣接組織またはリンパ節に浸潤した癌を指す。一般的に標準治療には放射線治療と化学療法がある。しかし、この患者集団に行った放射線治療および化学療法に関する毒性(副作用)および癌に関連しない死亡率のデータは限られている。

 

最近のある試験で、局所進行鼻咽頭癌患者において、放射線治療および化学療法の併用療法の生存率と毒性を放射線治療単独療法の生存率と毒性と比較した。放射線治療および化学療法の併用療法群に使用した化学療法薬には、プラチノール (シスプラチン) およびフルオロウラシルがある。

 

5年目の時点で、放射線治療を単独で受けた患者と比較して、放射線治療および化学療法の併用療法を受けた患者の治療成功期間および無増悪生存期間は有意に改善されていた。癌の進行による死亡率も、放射線治療および化学療法の併用療法群の方が有意に低下していた。しかし、放射線治療および化学療法の併用療法の生存率の優位性は、毒性の増加およびより高い癌に関連しない死亡率のため低下した。すなわち、いったんこれらの転帰を考慮したならば、全生存率は両群で同様であったことになる。

 

進行した鼻咽頭癌の治療において化学療法を放射線治療に追加したことは癌の進行による死亡率を有意に低下させるが、ほかの原因による死亡率の増加により最終的には生存率の優位性が低下すると思われる。言い換えれば、放射線治療および化学療法の併用療法と放射線療単独療法との全生存率は同様である。

 

参考文献: Lee A, Tung S, Chua D, et al. Randomized trial of radiotherapy plus concurrent–adjuvant chemotherapy vs radiotherapy alone for regionally advanced nasopharyngeal carcinoma. Journal of the National Cancer Institute [early online publication]. July 15, 2010.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者有田香名美

監修林 正樹(血液・腫瘍科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事