Enbrel(etanercept)化学療法による倦怠感を減少 | 海外がん医療情報リファレンス

Enbrel(etanercept)化学療法による倦怠感を減少

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Enbrel(etanercept)化学療法による倦怠感を減少

キャンサーコンサルタンツ
2006年4月

Journal of Clinical Oncology誌で発表された研究によると、Enbrel®(エタナーセプト)による治療は、化学療法の集中投与治療中、一部の癌患者が経験する倦怠感と衰弱を減らす可能性がある。

 

予定通りに化学療法を行うことは、癌治療の成功につながる。しかし治療の副作用は、時に治療の遅れや用量の減少につながる。癌治療を受けている多くの患者にとって、倦怠感は一般的かつ衰弱を伴う副作用で、治療を難しくする場合もある。

 

Enbrelは、慢性関節リウマチ、乾癬、特定の他の病状を治療するために用いられる薬剤で、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)として知られている物質を遮断する。TNFは、一部の癌患者が経験する倦怠感と筋肉疲労に効果があると考えられている。

 

Enbrelの追加が毎週の化学療法薬Taxotere®(ドセタキセル)の高用量治療で患者の許容能力を改善させるかどうか評価するために、研究者らは26人の進行癌患者で試験を行った。

 

患者はすべて、従来の治療に反応がなかった癌、あるいは効果的な治療法がない癌にかかっていた。試験参加者の癌で最も一般的なタイプは、非小細胞肺癌、食道癌、頭頸部癌、甲状腺癌、胃癌であった。
患者は、タキソテール単独、またはタキソテールとEnbrelを投与された。タキソテールは、毎週、43mg/m2または52mg/m2投与された。

 

  • 43mg/m2のタキソテール単独の投与を受けた患者では、タキソテールの36服用のうち29服用が投与可能であった。43mg/m2のタキソテールとEnbrelの投与を受けた患者では、タキソテールの36服用のうち35服用が投与可能であった。高用量のタキソテールは、低用量ほど許容の効果がなかった。研究者らは、43mg/m2が最大耐量であると結論した。
  • Enbrelを受けた患者らからは、より少ない疲労が報告された。

 

研究者らは、Enbrelの追加が患者の疲労を減らすことで化学療法の許容範囲を改善するかもしれないと結論する。彼らはこのアプローチの今後の評価を推奨している。

 

参考文献:

Monk JP, Phillips G, Waite R et al. Assessment of Tumor Necrosis Factor Alpha Blockade as an Intervention to Improve Tolerability of Dose-Intensive Chemotherapy in Cancer Patients. Journal of Clinical Oncology. 2006; 24:1852-1959.
Journal of Clinical Oncology. 2006; 24:1852-1959.

 

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳HAJI

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他