[ 記事 ]

子宮頸癌IB期の術後放射線照射により予後改善

キャンサーコンサルタンツ
2006年5月

婦人科腫瘍学グループ(GOG)が実施した、長期追跡調査を伴う多施設無作為試験において、IB期子宮頸癌が術後骨盤放射線治療により再発率が低下することが明らかになった。この第3相無作為試験の詳細についてはthe International Journal of Radiation Oncology Biology Physicsの2006年5月号に掲載された[1] 。

 

IB期の小型子宮頸癌は、子宮摘出や放射線治療により症例の約90%は治癒する。IB期の巨大子宮癌(4センチ以上)では、手術または放射線療法いずれかの単独治療により治癒するのは症例の70-75%に過ぎない。現在、IB期巨大子宮癌の治療には通常、放射線、外科手術、化学療法などの併用療法が適用される。

 

GOGによる本臨床試験に携わった研究者らは、高リスクIB期子宮癌患者277人を、子宮全摘出単独群と、子宮全摘出後に骨盤部放射線照射を行う群に無作為に割り付けた。患者全員はリンパ節転移は陰性であったが、複数のリスク悪化因子が存在していた。すなわち、深在性間質浸潤、毛細管リンパ管浸潤, 直径4cm以上の腫瘍である。

 

本試験の結果は1999年に初めて発表された[2]。 最初の結果では、術後放射線治療を受けた場合の癌再発率は12%で、手術のみでは21%であった。術後放射線の追加により癌再発の可能性が約50%低下した。長期追跡調査後、再発率は放射線照射群で18%に対し、コントロール群では31%であった。腺扁平上皮癌や腺癌では、再発率は放射線照射群で9%、コントロール群で44%であった。死亡率は、放射線照射群で20%、コントロール群で29%であったが、この差異は統計的有意に達しなかった。

 

コメント

上記データから、高リスクIB期子宮頸癌、特に腺扁平上皮癌や腺癌で、術後放射線療法により再発率が低下したことが明らかである。本臨床試験は、放射線療法に術前化学療法や術後化学療法を追加した臨床試験の基礎となるものである。別の無作為試験では、IB期の巨大子宮頸癌に対し、手術、放射線、プラチノール®化学療法の併用療法が、手術や放射線療法よりも良好な結果が得られた。

 

参考文献:
[1] Rotman M, Sedlis A, Piedmonte MR, et al. A phase III randomized trial of postoperative pelvic irradiation in stage IB cervical carcinoma with poor prognostic features: Follow-up of a gynecologic oncology group study. International Journal of Radiation Oncology Biology Physics. 2006;65:169-176.
[2] Sedlis A, Bundy BN, Rotman MZ, et al. A randomized trial of pelvic radiation therapy versus no further therapy in selected patients with stage IB carcinoma of the cervix after radical hysterectomy: a Gynecologic Oncology Group Study. Gynecologic Oncology. 1999;73:177-183.
[3] Keys HM, Bundy BN, Stehman FB, et al. Cisplatin, radiation, and adjuvant hysterectomy compared with radiation and adjuvant hysterectomy for bulky stage IB cervical cancer. New England Journal of Medicine . 1999;340:1154-1161.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved. These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein. Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc. 本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。 Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳Chachan

監修平 栄(放射線腫瘍科)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事