Mylotarg〔マイロターグ〕(gemtuzumab ozogamicin〔ゲムツズマブ・オゾガマイシン〕):市場撤退 | 海外がん医療情報リファレンス

Mylotarg〔マイロターグ〕(gemtuzumab ozogamicin〔ゲムツズマブ・オゾガマイシン〕):市場撤退

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Mylotarg〔マイロターグ〕(gemtuzumab ozogamicin〔ゲムツズマブ・オゾガマイシン〕):市場撤退

腫瘍医および血液専門医向け

原文

2010年6月21日 問題点:FDAは医療従事者に対し、最新の臨床試験の結果から本剤の安全性に関する懸念が新たに浮上したこと、および臨床試験に登録した患者に対する本剤の臨床的ベネフィットが認められなかったことを通達した。 背景:Mylotarg(gemtuzumab ozogamicin)は、骨髄の癌である急性骨髄性白血病(AML)の治療を適応としており、FDA迅速承認制度のもとで2000年5月に承認された。2004年にワイス社(現在はファイザー社)が承認後確認試験を開始した。この試験の目的は、標準的な化学療法とMylotargを併用することでAML患者に対する臨床的ベネフィット(生存期間)が改善するかどうかを示すことであった。本試験では、臨床的ベネフィットが改善せず、化学療法のみを受けた群と比較してMylotarg投与を受けた群で死亡例が多くみられたため、早期に中止となった。 推奨:今後、Mylotargは新規患者に市販されることはない。現在本剤の投与を受けている患者は、医療従事者に相談したうえで治療コースを完了してもよい。医療従事者は、Mylotargを投与しているすべての患者に対し、本剤に関する安全性上のリスクを説明すること。米国にてMylotargを今後使用していくには、FDAに対する治験薬申請の提出が必要となる。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10DNA修復遺伝子の生殖細胞変異は前立腺がんの生存に影...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他