[ 記事 ]

赤血球生成促進因子:Aranesp (darbepoetin alfa)、 Epogen (epoetin alfa)、Procrit (epoetin alfa)

原文
腫瘍医、腎臓専門医、およびその他の医療従事者向け

 

FDAは、化学療法を受けていない癌患者の貧血治療に赤血球生成促進因子(ESA)の使用を評価する大規模な臨床試験の結果を医療専門家に通達する。この試験では、承認された投与レジメンにしたがってAranesp(ESA)またはプラセボを投与された。この試験で、 Aranesp(ESA)が投与された患者では、投与されなかった患者に比べて死亡率が高く、輸血の必要性の低下はみられなかった。Aranesp試験の結果は、他のESA製剤にもあてはまるとみられる。加えて、この試験では化学療法治療中でない患者の貧血の治療にESAを用いることは効果がないだけでなく、重篤な弊害をもたらしうることが示されている。 [February 16, 2007 – Information for Healthcare Professionals – FDA] Previous MedWatch Alerts: [January 27, 2007] [November 17, 2006]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事