[ 記事 ]

Cabozantinib(カボザンチニブ)は甲状腺髄様癌に有益

キャンサーコンサルタンツ

第3相臨床試験で、被験薬Cabozantinib(カボザンチニブ)は進行性甲状腺髄様癌の進行を有意に抑えた。試験結果の詳細は近々医学会議で発表される予定である。

 

甲状腺髄様癌は甲状腺癌全体の約2~3%を占めている。甲状腺髄様癌は、より一般的な種類の甲状腺癌と比べて予後がやや悪い傾向にあり、25%までが遺伝性であると考えられている。切除可能であれば、甲状腺切除術によって治療が行われる。従来の化学療法では甲状腺髄様癌に対する有効性が限定的であるため、分子標的治療薬による新しい治療法に関心が高まっている。

 

カボザンチニブは数種類の癌を成長させる一因となっている特異的な生物学的経路(MET経路およびVEGFR2経路)を標的にする。

 

甲状腺髄様癌の治療でカボザンチニブを評価するため、研究者らはEXAMと呼ばれる国際共同第3相臨床試験を実施した。試験には、悪化し外科的に切除困難な進行性甲状腺髄様癌患者が組み入れられた。参加者はカボザンチニブまたはプラセボのいずれかの投与を受けた。

 

カボザンチニブは癌の進行(悪化)を抑えた。癌の無増悪生存期間はカボザンチニブ群で11.2カ月、プラセボ群で4.0カ月であった。カボザンチニブが全生存期間に与える影響にも関心が集まっているが、全生存期間を評価するにはより長期の追跡調査が必要とされる。

 

より完全な試験結果が、近々医学会議で発表される予定である。

 

参考文献:

Exelixis press release. Exelixis’ cabozantinib meets primary endpoint in phase III clinical trial for medullary thyroid cancer. October 24, 2011.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳可部真知子

監修須藤智久(薬学、臨床試験/国立がん研究センター)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事