神経芽細胞腫に取り組む – 小児癌ARRA基金/NCI | 海外がん医療情報リファレンス

神経芽細胞腫に取り組む – 小児癌ARRA基金/NCI

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

神経芽細胞腫に取り組む – 小児癌ARRA基金/NCI

日本語動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=mtYOApa_hho

これは、American Reinvestment and Recovery Act(リカバリー・アクト)基金が癌患者にとって望ましい治療戦略を開発する研究を推進しているかについての動画です。遺伝子研究の目的は、特定の癌に起きる遺伝子変化­を明らかにすることと、それらの遺伝子変化を標的とした治療戦略を開発することです。
この個別治療戦略は、遺伝子における、治療効果の改善と疾患を攻撃することにより起きる副作用の軽減を目的としています。5歳の少女、ヘイリーに対する癌研究は、未熟な神­経細胞に発生する癌である神経芽細胞腫を寛解に保つ努力を行っていて、また、個別治療として知られている遺伝学的情報に基づく薬剤/医学に置き換えることで生涯にわたる従­来の治療の副作用をなくす努力をしています。

※日本語字幕を見るには、画面右下のCCをクリックしてください。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他