AMD-3100+G-CSF幹細胞移植 | 海外がん医療情報リファレンス

AMD-3100+G-CSF幹細胞移植

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

AMD-3100+G-CSF幹細胞移植






Thomas Jefferson University Hospital

Jefferson大学の臨床試験で、幹細胞移植の必要な患者に新しい薬の可能性が示唆される
Thomas Jefferson University Hospital, Kimmel Cancer Center
2005/9/7
原文へ

フィラデルフィアにあるトーマス・ジェファーソン大学病院のKimmelがんセンターおよび米国内の他の施設で実施された臨床試験により、新しい薬剤(AMD-3100)には、高用量の抗癌剤治療後に癌患者の造血機能を回復させるために必要な幹細胞の動員を助ける働きがあることが示された。

[pagebreak]


第2相試験では、多発性骨髄腫および非ホジキンリンパ腫の患者を対象とし、標準的治療薬のG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)に新薬AMD-3100を併用投与した場合、G-CSF単独投与よりも自家移植に用いるための幹細胞が多く得られるかどうかが調べられた。

AMD-3100は細胞上の特定の受容体をふさぐことで、幹細胞が骨髄から放出され血中へ移動しやすくなる。そのため移植に用いる骨髄幹細胞の供給量が増える。幹細胞移植では、血液系および免疫系に影響する疾患である白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫などの患者は高線量の放射線療法や高用量の抗癌剤などを受ける前に、造血幹細胞として知られる細胞を血中から採取する必要がある。造血幹細胞を体内に戻すことで、骨髄中の造血機能や、治療により破壊とは言わないまでも著しく障害を受けた体内の免疫系が回復に向かう。

「幹細胞移植は、多発性骨髄腫、骨髄の癌、リスクの高い白血病やリンパ腫の患者にとって先進的治療であると考えられています。」と今回の試験を指揮したトーマス・ジェファーソン大学ジェファーソン・メディカル・カレッジ医学教授兼腫瘍内科部長であるNeal Flomenberg医師は言う。

試験ではAMD-3100を併用投与した25例(多発性骨髄腫10例、非ホジキンリンパ腫15例)の患者すべてに骨髄から血管への十分な動員が見られたのに対し、G-CSF単独群では患者の64%でしか十分な動員が見られなかった。試験結果はBlood誌2005年9月1日号で報告される。このため採取する幹細胞の採取回数は少なくてすみ、体内に戻すことができる幹細胞数も多くなる、とFlomenberg医師は言う。移植できる幹細胞が増えることで移植も成功しやすくなる。患者によっては、このことが移植を受けることができるかどうかの分かれ目になる。本剤に毒性はほとんどない。

「今回の試験の大きな成果は、G-CSF単独投与では幹細胞を移動させられなかったであろう患者9例でもAMD-3100を併用することで幹細胞を移動させられたことである。」とFlomenberg医師は言う。

さらに、AMD-3100を投与することで幹細胞の採取回数を減らしても必要な数の幹細胞が得られ、治療を通して身体への負担が軽減した患者もいた。採取回数を減らせなかった患者では、AMD-3100を併用しないときに比べ多くの幹細胞が得られた。

AMD-3100の併用投与により幹細胞の動員がうながされ、白血球と血小板の回復が速くなり、また今まで幹細胞を動員させられなかった患者でも幹細胞移植が可能になればと思っています。」と医師は言う。移植では十分な数の幹細胞がなければ、免疫系の回復が遅れ感染症のリスクが大きくなってしまうからである。

「患者の多くは幹細胞移植の前に4~8カ月間の標準的化学療法を受けています。なかには癌が再発し再治療で寛解となってから初めて移植を受ける患者もいます。こういう治療の後では、移植のための幹細胞採取がときに難しくなるのです。」と説明する。

G-CSFのみを用いた場合、およそ25%~35%の移植患者(実際には65%に上るかもしれない)が十分な数の幹細胞を骨髄から血中に動員することができずにいる。「標準的治療では幹細胞を血中に十分移動させられない患者がいます。その場合、採取回数を増やす必要があったり、採取した細胞が働きが悪かったり、使うことができないことも多いのです。」

Flomenberg医師はこの薬剤併用が幹細胞移植を必要とする症例の標準的治療になると考えている。「この併用療法は、既存の標準的治療を塗りかえるような可能性を持っています。」と言う。

「現在、G-CSF+プラセボとG-CSF+AMD-3100の効果を比較するため、非ホジキンリンパ腫または多発性骨髄腫の患者600例を対象に2つの第3相試験が実施されています。」と述べる。Jefferson大学は両試験および他のAMD-3100単独の第2相試験にも参加している。

本研究はAnorMED, Inc.社の資金提供により行われている。AnorMED, Inc.社はブリティッシュコロンビア州バンクーバーに本社をおく製薬会社で、HIV、関節リウマチ、喘息、癌などの疾患治療の小分子薬剤の探求および開発に取り組んでいる。

Jeffersonで行われている臨床試験の参加に関しては1-800-JEFF-NOWへお電話ください。

(South 訳・林 正樹(血液・腫瘍科) 監修)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

お勧め出版物

一覧

arrow_upward