[ 記事 ]

2016年米国青少年タバコ調査に関するFDA長官の声明

2016年National Youth Tobacco Survey(米国青少年タバコ調査)における最新の数字は期待が持てるものであるが、全てのタバコ製品で長期間にわたりこの減少傾向が継続するよう尽力することは極めて重要である。

 

米国では、毎日18歳未満の若者2,500人以上が初めて喫煙を経験し、400人以上の若者が常用喫煙者となっている。また、これらの最新の数字から、若者はさまざまなタバコ製品を試したり使用し続けていることが明らかとなっている。

 

米国食品医薬品局(FDA)では、若者にタバコ使用の危険性について教育するために、有力で科学的根拠のあるキャンペーンに重点的に支出してきた。日頃の行動様式を変えることで意識を高め、信条を変え、究極的には命を救うという力強いメッセージを聴衆に届ける私達の尽力は、有意義なインパクトをもたらしている。実際、「The Real Cost」キャンペーンでは、2014年の開始から既におよそ35万人の若者の禁煙を促進してきた。

 

私達の施策の中心には、小売業者に有害で依存性のあるタバコ製品を子ども達から遠ざける責任があることを理解させ、また真摯にその責任を取らせることもある。特に、FDAでは20168月に若者のタバコ製品へのアクセス新規制が発効してから、従来型企業およびオンライン小売業者に対し、未成年者への電子タバコ、タバコ、水ギセルの販売について4,000通以上の警告書を発行してきた。

 

私達は、タバコ関連疾患および関連死を減らすためのこうした必要不可欠な努力を構築していく所存である。

翻訳柏崎末久

監修東 光久(総合診療、腫瘍内科、緩和ケア/福島県立医科大学白河総合診療アカデミー)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事