[ 記事 ]

2017泌尿器がんシンポ、最新知見を事前発表

2017年度泌尿器がんシンポジウムの共同スポンサーが、本日、本会議の公式プレスプログラムで取り上げる3件のアブストラクトを発表した。研究者らは、2017年2月13日(月)正午~1時30分(東部標準時間)に開催される指定記者向けpresscast(インターネット生放送による記者会見)で、これらの研究での知見を発表する予定である。

 

下記の研究が、presscastで特集される。

・循環腫瘍DNAの変化と進行前立腺がんの転帰の関連を評価する研究(アブストラクト149)

・進行腎がん患者において、最近の抗生物質使用が免疫チェックポイント阻害薬の有効性に及ぼす影響を探る研究(アブストラクト462)

・免疫関連有害事象によりPD-1/PD-L1治療を中止した進行腎がん患者の転帰の分析(アブストラクト467)

 

2017年度泌尿器がんシンポジウムは、フロリダ州オーランドのローゼン・シングル・クリークで2月16日から18日まで開催される予定である。

 

シンポジウムで発表されるアブストラクトでは、前立腺がん、腎がん、精巣がん、尿路上皮がんの予防、スクリーニング、診断、および治療における最新の戦略について検討する。

 

記者に対する会場での便宜として、ワーキング・ニュースルームがあり、泌尿器がん分野の第一人者らの話を聞くことができる。

 

本会議への登録方法やpresscastへの参加方法の案内については、2017 Genitourinary Cancers Symposium Media Resource Center(2017年度泌尿器がんシンポジウム・メディア・リソース・センター)をご覧ください。

翻訳太田奈津美

監修吉松由貴(呼吸器内科/飯塚病院)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事