患者の家族歴を5年ごとに更新すれば癌スクリーニングの改善につながる | 海外がん医療情報リファレンス

患者の家族歴を5年ごとに更新すれば癌スクリーニングの改善につながる

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

患者の家族歴を5年ごとに更新すれば癌スクリーニングの改善につながる

NCIニュースノート

患者の家族歴を正確に把握しておくには、患者が30歳になるまで医師が詳細な家族歴を聴取して、そのあと5年から10年ごとに更新する必要がある。これは30歳から50歳までの間に家族歴が著しく変化するためである。米国国立癌研究所(NCI)が支援している研究者らが構成する多施設共同チームの研究によれば、5年ごとに家族歴を更新することによって、癌を早期の治療可能な状態で検出できる可能性が最大になると思われる。

 

家族歴を正確に把握しておくことは、癌に罹患する危険性が高い個人を特定し、適切なスクリーニング計画を推奨するために医師が使える最も効果的な手段のひとつである。個人の家族歴には経時的に変わる可能性がある一方、 現在、医師がどの程度の頻度で最新情報を聴取する必要があるのかに関するガイドラインはない。7月12日、Journal of the American Medical Association (JAMA)誌に掲載された研究は、乳癌、大腸癌または前立腺癌に関して現在より早期または集中したスクリーニングを要するほど癌の家族歴が大きく変化するのはどの程度の頻度であるのかを検討した。研究者らは、 NCIが援助している癌遺伝学ネットワークというアメリカ国内の集団ベースの癌登録から、10年以上にわたって参加者1万人超から収集した家族歴データを使用した。

 

*****
ギボンズ 京子 訳

林 正樹(血液・腫瘍科)監修
*****

原文

原文掲載日

翻訳ギボンズ 京子

監修林 正樹(血液・腫瘍科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7「ファースト・イン・ヒューマン」で注目のNCI免疫療...
  8. 8早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  9. 9乳がん患者で化学療法の開始が遅れると全生存が低下―ト...
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他