OncoLog2014年1月号◆In Brief「強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性」 | 海外がん医療情報リファレンス

OncoLog2014年1月号◆In Brief「強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

OncoLog2014年1月号◆In Brief「強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性」

MDアンダーソンがんセンター月刊OncoLog誌2014年1月号

MDアンダーソン OncoLog 2014年1月号(Volume 59 / Number 1)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL最新号URL

 

強度変調陽子線療法が口腔咽頭癌治療の副作用軽減を実現する可能性

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターが実施した最新の研究によると、強度変調陽子線療法(IMPT)を行った口腔咽頭癌の患者では、胃瘻管が必要となる割合が50%減少することが明らかになった。

 

現在、強度変調放射線療法(IMRT)が標準的な口腔咽頭癌の放射線治療であるが、IMRTでは癌細胞周辺の弱い組織を傷つけてしまうことがある。
このような細胞損傷は嚥下障害を引き起こし、患者が適切に栄養を摂取するため胃瘻管が必要になる場合がある。

 

一方、IMPTは癌細胞をより的確に狙い撃ち、周辺組織に照射される放射線量を抑えることができる。本研究の筆頭著者であり放射線腫瘍学部准教授のSteven Frank医学博士は、「IMPTは腫瘍の形状に合わせて陽子線をいくつもの層に分けて照射する技術であり、特に頭頸部癌のような複雑な形状の腫瘍をもつ患者に適している」と語った。

 

Frank医師の研究チームは、IMPTを行った患者25人とIMRTを行った同数の患者25人を解析し、IMPT群のうち胃瘻管が必要になったのはわずか5人であったのに対して、IMRT群では12人の患者で胃瘻処置が必要になったことを示した。また、IMPT群では、典型的な放射線治療の副作用として知られる嘔吐、悪心、消化管の炎症の発生率が低かったことも明らかにした。

 

本研究結果は米国放射線腫瘍学会年次総会で発表された。これらの有望な結果をもってFrank医師のチームは、口腔咽頭癌の患者でIMRTとIMPTの有効性と副作用の発生率を比較することを目的とした第2相及び第3相試験を開始している。
Frank医師は次のように語った。

 

「近年米国では成人のヒトパピローマウイルス(HPV)関連の頭頸部癌が急増しているが、治療中、最終的には余生にまで影響を及ぼす従来のIMRTによる副作用を最小化することが強く求められている。放射線治療は極めて若い患者層において主力の治療法であるため、われわれはIMPTのようにより先進的な技術が患者に対してさらなる恩恵をもたらすかどうかを解明しなければならない」。

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳遠藤豊子

監修中村光宏 (医学放射線/京都大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10濾胞性リンパ腫治療の新時代

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他