翻訳記事の二次利用について | 海外がん医療情報リファレンス

翻訳記事の二次利用について

翻訳記事の二次利用について

『海外がん医療情報リファレンス』サイトは、患者、一般の方々、医療関係者の皆様に情報を提供すべく医療情報の翻訳に取り組んでいます。企業、営利団体の皆様には、主旨をご理解いただき、JAMTへの協賛はじめ、翻訳記事の利用や有料翻訳のご注文にて組織運営にご協力いただければ幸いです。

二次利用について

本サイトの記事の二次利用は有料で行っています。
営利団体/企業様向けに、本サイトにて翻訳掲載している、米国国立癌研究所(NCI)や米国食品医薬品局(FDA)、政府発行の記事を有料にてご利用いただけます。
各記事は医療、薬学、生物学などそれぞれの専門家による監修を受けたものです。ウェブサイトや紙面での掲載にご活用ください。

1記事あたりの使用料については、企業・団体名、希望される記事のURLを記載してお問合わせからお申込みださい。
翻訳リクエストも対応いたします。

例) FDA承認ニュース1記事(通常の長さ) 4,500円
利用可能な記事 本サイトに掲載されている記事。

 

 

 

その他の運営情報

arrow_upward