世界対がんデー2017、ESMOが3日間資料公開 | 海外がん医療情報リファレンス

世界対がんデー2017、ESMOが3日間資料公開

更新日

世界対がんデー2017、ESMOが3日間資料公開

World Cancer Day 2017(世界対がんデー)

2017年2月4日土曜日~6日月曜日まで(*欧州時間)

(ESMOページより)

2017年世界対がんデーを記念して、限られた期間*、『がん治療中およびフォローアップ中のリハビリテーションに関するESMOハンドブック』の無料ダウンロードを提供することを嬉しく思います。

 

通常、ESMO会員だけが「We Can」の精神で独占的に利用できますが、世界対がんデー2017に多くの人々がそのコンテンツにアクセスできるように、この出版物をオープンアクセスにすることとしました。

 

このハンドブックは、世界対がんデーに合わせ、がんに対する世界的な闘いにおける運動の重要性に焦点を当てたものです。がん診断後の運動に関する種々の資料とともに、がん治療中および治療後における運動能力の保護に特化した章が含まれています。

 

この刊行物は、主に腫瘍内科の分野で働く医師が読むことを意図しており、患者のリハビリテーションに関する問題に関する重要な情報を提供しています。

 

*無料ダウンロードは、2017年2月4日土曜日~6日月曜日まで(*欧州時間)ご利用いただけます。この期間が過ぎると、ハンドブックはESMO会員のみに提供されます。

 

詳細およびダウンロードは以下から―

ESMO『がんリハビリテーション ハンドブック』公開(3日間) 

 

その他の運営情報

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がんに対する標的光免疫療法の進展
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward