[ 記事 ]

ホルモン療法と乳癌死亡率のわずかな増加との関係

  • 2010年10月20日

Hormone Therapy Linked to Modest Increase in Breast Cancer Deaths

(Posted: 10/20/2010) -WHI(女性健康イニシアチブ)スタディの実施中に、更年期障害の治療としてホルモン補充療法のエストロゲン+プロゲスチン併用投与を受けた女性は、補充療法を受けなかった女性よりも浸潤性乳癌の発生率が高く、またその場合、リンパ節転移が起こりやすい傾向にあることが、研究に参加した女性への11年間に及ぶ追跡調査の結果から明らかになった。

NCIキャンサーブレティン2010年10月19日号参照

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事