ホルモン療法と乳癌死亡率のわずかな増加との関係 | 海外がん医療情報リファレンス

ホルモン療法と乳癌死亡率のわずかな増加との関係

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ホルモン療法と乳癌死亡率のわずかな増加との関係

Hormone Therapy Linked to Modest Increase in Breast Cancer Deaths

(Posted: 10/20/2010) -WHI(女性健康イニシアチブ)スタディの実施中に、更年期障害の治療としてホルモン補充療法のエストロゲン+プロゲスチン併用投与を受けた女性は、補充療法を受けなかった女性よりも浸潤性乳癌の発生率が高く、またその場合、リンパ節転移が起こりやすい傾向にあることが、研究に参加した女性への11年間に及ぶ追跡調査の結果から明らかになった。

NCIキャンサーブレティン2010年10月19日号参照

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward