標準治療に免疫療法を追加した場合、免疫療法の追加により小児癌の生存率が高まる | 海外がん医療情報リファレンス

標準治療に免疫療法を追加した場合、免疫療法の追加により小児癌の生存率が高まる

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

標準治療に免疫療法を追加した場合、免疫療法の追加により小児癌の生存率が高まる

免疫療法の追加により小児癌の生存率が高まる神経芽細胞腫患児の生存率に上昇がみられた

Addition of immunotherapy boosts pediatric cancer survival: Children with neuroblastoma see improved outcome when immunotherapy is added to standard therapy

(Posted: 09/29/2010) -New England Journal of Medicine誌2010年9月30日号によると、神経系の癌である神経芽細胞腫の患児に対して新しい免疫療法の投与を実施したところ、2年後の生存率の向上と疾患の進行停止が認められた。その割合は、標準治療46%から標準両方+免疫療法66%に上がった。

NCIニュース2010年9月29日参照 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward