脳への放射線照射が、小細胞肺癌患者の生存率を改善/メイヨークリニック | 海外がん医療情報リファレンス

脳への放射線照射が、小細胞肺癌患者の生存率を改善/メイヨークリニック

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

脳への放射線照射が、小細胞肺癌患者の生存率を改善/メイヨークリニック

本試験結果によって、予防的全脳照射(PCI)による生存率の改善が示唆された

2011年7月5日(木)

アリゾナ州スコッツデール — より幅広い小細胞肺癌(SCLC)患者が、予防的全脳照射(PCI)によって恩恵を受ける可能性が出てきた。メイヨークリニックとNorth Central Cancer Treatment Group(NCCTG)のメンバーが主導した最近の試験において、PCI治療がこの増殖速度の早い悪性腫瘍に苦しむ患者の生存率を改善した。

本試験結果は、7月7日(木)アムステルダムにて開催された世界肺癌学会で発表された。

小細胞肺癌は、肺癌全体のおよそ15%を占める癌である。米国国立癌研究所(NCI)によれば、2010年に米国で肺癌と診断された症例数は222,520例と推計されている。

「SCLCは、非常に脳転移を起こしやすいのです」とアリゾナ州メイヨークリニック放射線腫瘍学教授であり、本試験責任医師であるSteven Schild医師は説明した。「脳は、この疾患にとって聖域です。なぜなら、血液脳関門の存在により、化学療法を行っても十分な用量が脳へと通過できず、脳内の微小癌蓄積を死滅させることができないからです。PCIは、初期治療(化学療法+/-胸部放射線療法{きょうぶ ほうしゃ せん りょうほう})後に施行される脳への放射線療法であり、脳転移の続発(脳内の腫瘍増殖)を予防します」とSchild氏は述べた。

これまでのPCIの役割を検討した試験では、初期治療(化学療法+/-胸部放射線療法{きょうぶ ほうしゃ せん りょうほう})に対して完全奏効または部分奏効を示したSCLC患者のみを対象とするものが一般的であった。しかし、メイヨークリニック主導の本試験は、症状の安定している患者または化学療法後に良好な状態を示した患者など、対象とする患者の範囲を広げた試験であるとSchild氏は述べた。

NCCTG第2相試験4件の解析により、SCLC患者に対するPCIの結果を分析した。対象患者のうち、318人は進展型小細胞肺癌(ESCLC)であり、421人は限局型小細胞肺癌(LSCLC)であった。また、試験参加者中459人がPCI(30Gy/15もしくは 25Gy/10)を受け、280人はPCIを受けなかった。

本試験によると、PCIを受けた患者では、PCIを受けていない患者と比較して、生存率が有意に改善した。1年生存率および3年生存率は、PCIを受けた患者ではそれぞれ73%、20%であったのに対して、PCIを受けない患者ではそれぞれ52%、6%であった。PCIによる延命効果は、年齢、全身状態(PS)、性別、ステージ、初回治療に対する奏効率および転移部位数による補正後も有意であった。PCIに関連した副作用として、嗜眠および脱毛の増加が認められた。

また本試験は、放射線に関する特定の処方内容が、その他より優れていることも明らかにした。「本試験は、より幅広い小細胞肺癌患者の生存率を改善したという意味において、PCIの有用性を確立しました。医師にはこの治療法をより幅広いSCLC患者に勧めていただきたいと思います。加えて、本試験は適切な投与量という観点からも、より良い治療法について示したものです」とSchild氏は述べる。

Schild氏はまた、「本試験は、既にある手段をより効果的に用いるだけで、患者の生存を改善する方法を強調している点で重要なものです」と述べた。

メイヨークリニックがんセンターについて

メイヨークリニックがんセンター(MCCC)は、米国国立癌研究所(NCI)が設計した国内に複数の拠点を持つ、総合がんセンターである。3つのキャンパス(アリゾナ州フェニックス/スコッツデール、フロリダ州ジャクソンビル、ミネソタ州ロチェスター)を有しており、広範囲にわたる地域で、多種多様な患者の治療にあたっている。MCCCに所属するのは、国際的に認められている医師および科学者らである。彼らは、社会の中で癌に苦しむ人々の苦痛を軽減すべく、癌に関するあらゆる分野の研究(基礎、トランスレーショナル(基礎から臨床)、臨床および集団科学)にたずさわっている。

North Central Cancer Treatment Groupについて

North Central Cancer Treatment Group(NCCTG)は、米国国立癌研究所が支援する米国の臨床試験グループである。NCCTGは、米国およびカナダにある地域診療所、病院や医療センターの癌専門医ネットワークで構成されている。ミネソタ州ロチェスターにあるメイヨークリニックを研究拠点としている。


******
濱田 希 訳
小宮 武文(呼吸器内科/NCI Medical Oncology Branch) 監修
******
原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  9. 9免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  10. 10ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアン...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward