急性リンパ性白血病を有する若年成人に対して小児用強化化学療法レジメンは有効である | 海外がん医療情報リファレンス

急性リンパ性白血病を有する若年成人に対して小児用強化化学療法レジメンは有効である

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

急性リンパ性白血病を有する若年成人に対して小児用強化化学療法レジメンは有効である

Young Adults with Acute Lymphoblastic Leukemia Do Well on Intensified Pediatric Chemotherapy Regimen (Posted: 11/30/2009)

–急性リンパ性白血病を有する青年および若年成人を対象とした複数の臨床試験において、小児の治療に用いられる強化多剤併用化学療法レジメンで、より長い生存率が認められた。また、この年齢層の患者は化学療法のみで治癒することが多く、骨髄移植は必ずしも必要ではないことが示唆された。


要約 急性リンパ性白血病を有する青年および若年成人において、より低年齢の小児の治療に用いられる強化多剤併用化学療法レジメンにより治療した場合、より長い生存が認められました。今回の試験結果より、青年および若年成人患者においては小児用化学療法レジメンによる治療を行ったほうが良い結果が得られたというこれまでの研究が確認されました。また今回の試験結果より、青年および若年成人患者は化学療法のみで治癒することが多く、この年齢層で推奨されることの多い骨髄移植は、必ずしも必要ではないことも示されました。

出典 Journal of Clinical Oncology、オンライン版先行公開、2009年10月5日(ジャーナル要旨参照)

背景 急性リンパ性白血病(ALL)は小児で最も頻度の高い癌です。ALLを有する青年および若年成人は、より低年齢の同じ疾患を有する小児よりも予後が不良である傾向があります。このことから、青年および若年成人の患者においては第一寛解期に骨髄移植を行うことを推奨する医師もいます。しかし骨髄移植は、子どもの成長と発達に後々影響を与えることがあり、移植後数ヶ月~数年経って合併症があわられることがあります。

ALLを有する青年および若年成人は、小児癌の治療を専門とする医師に治療を受けることもあれば、成人の癌治療を専門とする医師に治療を受けることもあります。小児癌専門の医師は、成人の癌専門の医師とは異なる化学療法薬剤の組み合わせを用います。これまで数件の臨床試験において、ALLを有する若年成人は、小児用化学療法レジメンによる治療を行ったほうが、成人用レジメンに比べて寛解期間が長くなることが示されました。この差が生じる原因は不明です。

試験 診断時16~21歳のALL患者合計262人が、今回の試験に登録されました。患者は、初回(導入)治療に対して治療効果出現が速かった人のグループと、治療効果出現が遅かった人のグループに分けられました。治療効果出現の速かった人は、その後の治療において標準強度の化学療法を受ける群と、強化多剤併用化学療法を受ける群にランダムに割り付けられました。治療効果出現の遅かった人は強化多剤併用化学療法を受ける群に割り付けられました。

この試験は、米国国立癌研究所(NCI)の支援を受けた12の共同臨床試験グループの1つであるChildren’s Oncology Groupの医師らによって実施されました。試験責任医師は、University of Chicago Children’s HospitalのJames B. Nachman医師です。

結果 導入治療に対し治療効果出現の速かったグループの強化化学療法群では、5年生存率は83%であり、82%において再発が認められませんでした。導入治療に対し治療効果出現の速かったグループの標準強度化学療法群では、5年生存率は76%であり、67%において再発が認められませんでした。

治療効果出現の遅かったグループでは、71%において5年後まで再発が認められませんでした。治療効果出現の速かったグループと遅かったグループを統合すると、5年生存率は78%であり、72%において再発が認められませんでした。

コメント 今回の試験により、ALLを有する若年成人においては小児用化学療法レジメンで治療を行ったほうが良い結果を得られたという、これまでの研究が確認されたと著者らは記しています。小児用化学療法で効果が認められるため、第一寛解期に骨髄移植を日常的に推奨する必要はないと考えられるとも記しています。

「今回の試験によって、16~21歳のALL患者は小児用ALLレジメンで治療されるべきであるという説得力のあるエビデンスが得られました」とNCI癌治療評価プログラムの小児がん専門医であるMalcolm Smith医学博士は述べました。「これらの患者で化学療法の効果がみられるのであれば、長期の合併症が懸念される骨髄移植はそれほど魅力的ではなくなります。若い患者には希望に満ちた前途があります。移植によって後々影響が生じるようなリスクは避けたいと思います。」

なぜALLを有する青年および若年成人らおいて、成人用化学療法レジメンよりも小児用レジメンのほうが効果がみられるのか、その理由については、異なるタイプの薬剤を組み合わせた独特な小児用化学療法レジメンによって説明できるのかもしれないとSmith氏は付け加えました。現在、ALLを有する若年成人における併用化学療法の有効性について、確認できる可能性のある臨床試験が実施されています。この試験では、ALLを有する16~39歳の患者を対象に、成人の癌治療を専門とする医師により、小児用レジメンを用いた治療が行われています。

******

安田 詠美 訳

吉原 哲(血液内科・造血幹細胞移植/兵庫医科大学病院)監修

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward