骨粗しょう症治療薬は免疫系を強めることにより生命予後を改善している可能性/デューク大学医療センター | 海外がん医療情報リファレンス

骨粗しょう症治療薬は免疫系を強めることにより生命予後を改善している可能性/デューク大学医療センター

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

骨粗しょう症治療薬は免疫系を強めることにより生命予後を改善している可能性/デューク大学医療センター


デューク大学医療センター
2009年7月15日

デューク大学医療センターの老年医学研究者らによると、股関節部骨折後の死亡率を下げることが示された骨粗しょう症治療薬は、患者の免疫系に作用することにより、その効果を発揮している可能性があるという。[pagebreak]2007年にデューク大学の研究者らは、股関節部骨折で手術を受け、その後90日以内にゾレドロン酸(商品名リクラスト[Reclast®])を投与された患者の死亡率が28%低下すると報告していた。

ゾレドロン酸はビスフォスフォネート製剤で、年に1度の静脈内注射により骨量減少の進行を抑制する。この研究に参加した2,111人では再び骨折する人が35%低かったとの報告もあった。

「骨粗しょう症の投薬治療に死亡率を下げる効果があると示した研究結果はこれが初めてでしたが、死亡率が低くなった理由については不明でした」とデューク大学医学部の准教授、Cathleen Colon-Emeric医師は言う。

「その理由は二次的骨折の減少によるものではないかと推測されていましたが、われわれは、本当に二次的骨折の減少によるものか、あるいは投薬治療で影響を受けた別の条件があったのかを解明したかったのです」

現在Journal of Bone and Mineral Research誌電子版に掲載されている今回の研究で、再骨折を減らすことで死亡率を下げる効果は8%にすぎない、とColon-Emeric医師らは報告している。「二次的骨折やほかの危険因子を調整してもなお、ゾレドロン酸による治療を受けた参加者においては死亡率が23%低かったのです。これは薬が別の作用をもつことを示唆しています」

骨粗しょう症と死亡リスク上昇の関連性については以前から認められていた。アメリカでは毎年34万5千人が股関節部骨折で入院し、うち最大25%の人が骨折して一年以内に亡くなっている。死亡原因は主に、心臓発作や不整脈、脳卒中といった心血管障害や、肺炎などの感染症、そして癌である。

「ゾレドロン酸の投薬を受けた人も受けていない人も主な合併症の発生率は同じでした」とColon-Emeric医師は言う。しかしゾレドロン酸投薬群の患者は、これらの合併症を乗り切れる場合が多かった。「特に不整脈といった一部の心血管障害や、肺炎を併発した患者において、合併症による死亡率がかなり低くなっていました」骨折前に老人ホームに入所していた人や、高度の認知障害のあった人には、投薬による生命予後の改善はみられなかった。

ゾレドロン酸がどのような役割を果たしているかについては、いまだ不明確である。「この薬剤が免疫系と炎症に作用していることはわかっており、どちらも感染症や心血管疾患と闘うのに重要な作用です。おそらくゾレドロン酸は病気と闘い回復する力を強める薬なのでしょう」今後の研究の中で、この考えを検証することが必要である。

Cathleen Colon-Emeric医師の他の参加研究者は以下のとおりである。
Kenneth W. Lyles, MD and Carl F. Pieper, DrPH, Duke University Medical Center; Steven Boonen, MD, PhD, Katholieke Universiteit Leuven, Belgium; Pierre Delmas, MD, PhD, Claude Bernard University, Lyon, France; Jay Magaziner, PhD, University of Maryland; Peter Mesenbrink, PhD, of Novartis Pharmceuticals, NJ; and Erik F. Eriksen, MD, DMsc, Novartis Pharma AG, Switzerland.

今回の研究は、一部、ノバルティスファーマ(Novartis Pharmaceuticals)社からの資金援助を受けている。また、以下の医師は同社のコンサルタントを務めている。
Colon-Emeric、Lyles Magaziner、 Pieper Boonen

******
岡田章代 訳
橋本 仁(獣医学)監修
******


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward