特定の頭頸部癌患者に対して,2回目の治療は有効/米国癌協会(ACS) | 海外がん医療情報リファレンス

特定の頭頸部癌患者に対して,2回目の治療は有効/米国癌協会(ACS)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

特定の頭頸部癌患者に対して,2回目の治療は有効/米国癌協会(ACS)

特定の頭頸部癌患者に対して,2回目の治療は有効

新たに実施された試験において、2コース目の治療で毒性を生じる可能性が少ない患者を、よりはっきりと識別できる予測因子が明らかになった。これにより、特定の頭頸部癌患者に対して、わずかながらも現実的な治癒の可能性がもたらされた。この知見は、米国癌協会(ACS)のピアレビュー学術誌であるCANCER誌オンライン速報版に掲載されたもので、頭頸部癌患者の治療法を選択する際の一助となり得る。

放射線治療は、頭頸部癌患者の治療によく用いられる。頭頸部癌患者の癌が再発した場合、治療の選択肢は限られている。すなわち、化学療法は根治的治療ではなく、手術は根治的治療ではあるものの施行できない場合も多い。化学療法+2コース目の放射線療法は、以前より、もう一つの選択肢とされている。元シカゴ大学のJoseph Salama医師らは、いかにして患者らがこの2コース目の治療に耐えているのか、どのような患者がこの治療によって最も恩恵を受けているのかを解明するため、先に実施された複数の試験を分析した。

Salama氏らは、1回目の放射線療法を受けた後、癌の再発または新たな発癌に対して2回目の放射線療法+化学療法を受けた頭頸部癌患者166人のデータを分析した。2コース目の治療により、2年後に約25%の患者で治癒が認められたものの、極めて毒性が高かった。(一部の患者では、発話能力や嚥下能力が喪失し、さらに患者の約20%が治療関連合併症により死亡した。)

ある特定の患者では、他の患者よりも本治療の有効性がみられた。より長期にわたって無癌状態であった患者らは、1コース目の放射線療法時に化学療法は受けず、2コース目の放射線療法前に手術を受け,その後,より高線量の放射線療法を受けていた,という特徴があった。こうした患者では、上記の特徴が全く当てはまらない、もしくは一つだけ当てはまる患者と比較して2年後の治癒率が最も高かった。「この結果は、どのような患者に化学療法と2コース目の放射線療法の併用が最も適しているのか、医師が判断する際の一助となるでしょう」と、Salama氏は述べた。

著者らは、過去の頭頸部癌に対する放射線治療の照射野内から再発がみられた患者のうち、特定の患者にとっては、化学療法と2コース目の放射線療法の併用が、わずかながらも現実的な治癒の見込みをもたらす選択肢となる、と結論付けた。ただし、重度の毒性リスクがあるため、本治療は調査研究および経験豊富な医療施設に限定して実施すべきである。

******
濱田希 訳
中村 光宏(医学放射線/京都大学大学院医学研究科)監修
******

以下原文(URL to the original article to this translation: by courtesy of Wiley-Blackwell
)

Certain head and neck cancer patients benefit from second round of treatment

A new study has determined predictors that can better identify patients who will benefit from a potentially toxic second course of treatment, which offers a small but real chance of cure in select patients with head and neck cancer. Published early online in Cancer, a peer-reviewed journal of the American Cancer Society, the findings could help guide treatment decisions for head and neck cancer patients.

Radiation is often used to treat patients with head and neck cancer. If their cancer reappears, they have limited treatment choices: chemotherapy is not curative, and surgery can be curative but is often not possible. Chemotherapy and a second course of radiation have previously been shown to be another option. Joseph Salama, MD, formerly of the University of Chicago, and his colleagues conducted an analysis of prior studies to determine how patients tolerate this second round of treatment and which patients benefit the most from it.

The investigators analyzed data from 166 patients with head and neck cancer who received a first round of radiation followed by a second round plus chemotherapy because their cancer recurred or they developed a new tumor. The second course of treatment could cure approximately 25 percent of patients at two years, but it was quite toxic. (Some patients lost the ability to speak or swallow. In addition, approximately 20 percent of patients died from treatment-related complications.)

Certain patients benefited from the treatment over others. Those who were cancer-free for a longer period of time, did not have chemotherapy with their first course of radiation, were treated with a higher dose of radiation in the second round, and had surgery prior to the second course of radiation were more likely to be cured at two years than those who had none or only one of these features. “These can help doctors determine which patients are best suited for a second course of radiation with chemotherapy for head and neck cancer,” said Dr. Salama.

The authors concluded that for patients with recurrent head and neck cancer in a previously irradiated area, concomitant chemotherapy with reirradiation is a treatment option that offers a small but real chance of cure in select patients; however, due to the risk of severe toxicity, the treatment should be limited to investigational studies and experienced medical centers.

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward