[ 記事 ]

同病の小児患者集会(peer program)は、小児癌生存者の禁煙に有効

  • 2005年9月13日

Peer Program Helps Childhood Cancer Survivors to Quit Smoking
(Posted: 09/13/2005) Journal of Clinical Oncology 2005年9月20日号によると、小児癌の生存者らは、自助アプローチに比べ同病者のカウンセリングによるアプローチのほうが、成功した他の方法に比べ比較的安価で、禁煙率が2倍になったことが大規模ランダム化臨床試験で判明した。

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事