同病の小児患者集会(peer program)は、小児癌生存者の禁煙に有効 | 海外がん医療情報リファレンス

同病の小児患者集会(peer program)は、小児癌生存者の禁煙に有効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

同病の小児患者集会(peer program)は、小児癌生存者の禁煙に有効

Peer Program Helps Childhood Cancer Survivors to Quit Smoking
(Posted: 09/13/2005) Journal of Clinical Oncology 2005年9月20日号によると、小児癌の生存者らは、自助アプローチに比べ同病者のカウンセリングによるアプローチのほうが、成功した他の方法に比べ比較的安価で、禁煙率が2倍になったことが大規模ランダム化臨床試験で判明した。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  6. 6免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアン...
  9. 9BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  10. 10FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward