エベロリムスが進行腎癌の無病生存期間を延長 | 海外がん医療情報リファレンス

エベロリムスが進行腎癌の無病生存期間を延長

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

エベロリムスが進行腎癌の無病生存期間を延長

Everolimus Extends Progression-Free Survival in Advanced Kidney Cancer (Posted: 07/30/2008) -進行腎癌の患者に薬剤エベロリムスをテストする第3相臨床試験は、無病生存期間が有意に改善されたことが中間解析で示されたため中止されたと、この薬剤のメーカーであるノバルティス社が2月28日に発表した。

NCIキャンサーブレティン2008年3月18日掲載記事より(最新号日本語版はこちら) 進行腎癌の患者に薬剤エベロリムス[everolimus]をテストする400人が参加した国際第3相臨床試験は、主要評価項目を満たした後に中止されたと、この薬剤のメーカーであるノバルティス社は2月28日に発表した。 試験の結果は2008年7月23日発行のLancet誌に発表された(ジャーナル要旨参照)。 この試験の独立データモニタリング委員会は、中間解析でエベロリムス服用群の無病生存期間が有意に改善されたことが示されたため、この試験を中止し、プラセボ群の患者にエベロリムスを提供すべきであると勧告した。 エベロリムスはRAD001としても知られており、腫瘍細胞の分裂と血管新生を制御するタンパク質のmTORを阻害する。 この試験は、ソラフェニブ(ネクサバール)やスニチニブ(スーテント)などの進行腎癌にたいして既に承認されている薬剤による治療後も病状が悪化・進行した患者に行われた。試験の参加者には、ベバシズマブ(アバスチン)やインターフェロンによる前治療を受けていた患者も含んでいる。 RECORD-1と呼ばれているこの試験の完全な中間結果は、5月にシカゴで開催される米国臨床腫瘍学会の年次総会で発表される予定であると、ノバルティス社は説明した。

******
Nogawa訳
林 正樹 (血液・腫瘍科)監修

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward