[ 記事 ]

EGFR標的治療が炎症性乳がんの治療効果を高める

【MDアンダーソンがんセンター研究ハイライト2022/12/19】より

EGFR標的治療は腫瘍微小環境を変えることで炎症性乳がんに対する抗腫瘍効果を改善する

炎症性乳がん(IBC)は従来の治療法では効果が得られないが、これは部分的には、免疫抑制性の腫瘍微小環境(TME)によるものである。 Xiaoping Wang医学博士と上野直人医学博士(Naoto T. Ueno, M.D., Ph.D.)が率いる研究チームは、これまでに抗EGFR抗体パニツムマブ(販売名:ベクティビックス)とネオアジュバント化学療法の併用をIBC患者に対する有効な治療戦略として確立し、最も高い病理学的完全奏効率(42%)を達成している。今回、研究グループは、この研究成果を基に、この併用療法に対する反応を制御するメカニズムを明らかにしようとした。彼らはヒト化IBCマウスモデルを用い、EGFR標的治療が免疫チェックポイント阻害薬を受容しやすいようにTMEを再形成し、免疫療法の抗腫瘍効果を向上させることを実証した。これは、炎症性乳がん患者の治療への反応を改善する手段として、EGFR経路を抑制する治療の可能性を強調するものである。詳しくは、Science Advancesに掲載されている。 

 

監訳:加藤恭郎(緩和医療、消化器外科、栄養管理、医療用手袋アレルギー/天理よろづ相談所病院)

翻訳担当者大澤朋子

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。