[ 記事 ]

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ハイライト(2022年9月9日〜13日開催)

学会期間中、発表される約2,000の最新の抄録の中から具体的な演題を紹介する。

◎ 大気汚染による非小細胞肺がん誘発の作用機序の発見が、肺がんの予防と治療に対する新たなアプローチの基礎を築く(LBA1)

◎ 1回の血液検査で複数のがんを同時にスクリーニングすることにより、これまで発見困難だったがんの早期発見が促進(903O – PATHFINDER)

◎ 患者ごとに適切な薬剤を:希少がん患者の転帰とQOLを改善するための厳密なランダム化比較試験(第3相)設計の重要性(LBA2 – DeFi)

◎ 免疫療法を用いた次のがんにおける第3相試験の結果

  •   進行性メラノーマ(LBA3 – M14TIL)
  •   局所腎細胞がん(LBA4-CheckMate914)および治療歴のない進行性腎細胞がん(LBA8-COSMIC-313)
  •   局所進行頭頸部扁平上皮がん(LBA5-KEYNOTE-412)
  •   プラチナ製剤による化学療法が適さない非小細胞肺がん(LBA11-IPSOS)
  •   上皮性卵巣がん(LBA30~ATALANTE/ov29)

 

日本語記事監訳:東海林洋子(薬学博士)

翻訳担当者外山ゆみ子

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。