[ 動画 ]

がんムーンショット計画:小児がんドライバー遺伝子の解明

日本語動画のURL:https://youtu.be/ireHWKCyOok

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
 ダナファーバーがん研究所のKimberly Stegmaier医師が、ユーイング肉腫について自身の研究チームが達成した成果を説明しています。彼女のチームは、ブルーリボン委員会が定めたがんムーンショット推奨の1つである、小児がんのドライバーである融合がんタンパク質のうち、EWS-FLI融合タンパク質を標的とした研究に取り組んでいます。
 さらなる情報や、がんムーンショット計画を通じて達成された成果に関しては、こちらをご覧ください。
 音声解説やインタラクティブ・トランスクリプトは、こちらをご覧ください。
 
出演者(出演順):
Kimberly Stegmaier医師(ダナファーバーがん研究所小児腫瘍医、研究医)
◆─────────────────◆

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳担当者平 千鶴

字幕指導寺田真由美

監修遠藤 誠(肉腫、骨軟部腫瘍/九州大学病院)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。