[ 記事 ]

KRAS阻害薬アダグラシブ、非小細胞肺がんにおいて奏効率43%を示す

KRAS変異陽性、非小細胞肺がん患者を対象として、KRAS-G12C阻害薬であるadagrasib[アダグラシブ](600 mgを1日2回経口投与)を検討したKRYSTAL-1試験第2相の結果が明らかになった。

測定可能な病変を有する患者112人において、追跡期間中央値12.9カ月での奏効率は42.9%、奏効持続期間中央値は8.5カ月、無増悪生存期間中央値は6.5カ月であった。追跡期間中央値15.6カ月での全生存期間の中央値は12.6カ月であった。

すべての患者は治療歴があり、98%が化学療法と免疫療法のいずれも受けていた。

中枢神経系への転移が安定していた患者は33人であり、これらの患者の頭蓋内奏効率は33.3%であった。KRAS-G12C変異を有する非小細胞肺がん患者のうち、42%もの割合で中枢神経系転移を有し、これらの患者の全生存期間の中央値は約5カ月であった。

グレード3以上の有害事象の発現割合は、44.8%であった。投与を受けたほぼすべての患者で1件以上の有害事象が認められたが、adagrasibの投与中止に至った副作用の発生割合はわずか6.9%であった。

Adagrasibは、Mirati Therapeutics社が開発している。

出典: The New England Journal of Medicine誌 2022年6月3日

 

日本語記事監修:川上正敬(肺癌・分子生物学/東京大学医学部附属病院 呼吸器内科)

翻訳担当者岩見俊之

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。