[ 記事 ]

1回のHPVワクチン接種でも子宮頸がん予防に有効 ー 世界保健機関(WHO)

子宮頸がんを予防するには、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの1回の接種で十分であると、世界保健機関(WHO)の専門家グループが述べた。

 現在、2回または3回の接種が推奨されているが、先週開催された予防接種に関する会議で専門家の戦略的諮問グループは、1回の接種でも同程度の効果があることを示す根拠があると述べている。

 WHOは声明で、「命を救う予防接種がより多くの女児に行き渡るということは、この病気の予防にとって画期的なこととなるでしょう」と述べている。

監修吉松 由貴(呼吸器内科/University of Greenwich, Queen Elizabeth Hospital)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。