フィナステリドは高グレード前立腺癌と関連しない | 海外がん医療情報リファレンス

フィナステリドは高グレード前立腺癌と関連しない

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

フィナステリドは高グレード前立腺癌と関連しない

Finasteride Not Linked to High-Grade Prostate Cancers
(Posted: 09/12/2007) Journal of the National Cancer Institute誌2007年9月11日号オンライン版に掲載された2つの研究によると、予防薬としてのフィナステリドの服用が高グレード前立腺癌を誘発することはあまりない。

 


 

NCIキャンサーブレティン2007年9月11日号より

Journal of the National Cancer Institute(JNCI)誌に本日付で公表された2つの試験によると、前立腺癌予防としてフィナステリドを服用している男性において、フィナステリドは高グレードの前立腺癌を誘発する可能性は低い。

2003年、NCIがスポンサーを務めた前立腺癌予防試験(Prostate Cancer Prevention Trial:PCPT)にて、フィナステリドにより前立腺癌の全発症率が25%減少したが、多くの場合急速進行性である高グレード癌の発症件数はわずかに増加した。同薬がより高グレードの前立腺癌を引き起こしたのか、または単に発見が容易になったのかは不明である。新たな試験では後者を支持している。

1件目の試験では、エルサレムにあるGamida Cell社のDr.Yael Cohen氏らは、フィナステリドが前立腺の容積を減少させたために生検で高グレードの癌細胞を発見する可能性が高まったと結論を下した。フィナステリドは高グレード癌の検出を促すものであるが、癌の発達を促進させるものではないと、同氏らは述べている。

2件目の試験ではPCPTの前立腺癌摘出術について分析したところ、フィナステリド投与群において高グレード腫瘍が相対的に増加することは元来考えられていたよりも少ないと判明した。さらにこの所見から、検出率の上昇がフィナステリド投与群における高グレード腫瘍増加の一因となったことが示唆される。この見解は、コロラド大学健康科学センターのDr.M.Scott Lucia氏率いる研究チームが報告した。

******
斉藤芳子 訳
林 正樹(血液・腫瘍科)監修

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  8. 8乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  9. 9濾胞性リンパ腫治療の新時代
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward