治療困難な急性リンパ性白血病(ALL)にダサチニブが有効 | 海外がん医療情報リファレンス

治療困難な急性リンパ性白血病(ALL)にダサチニブが有効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

治療困難な急性リンパ性白血病(ALL)にダサチニブが有効

Dsatinib Effective Against Difficult-to-Treat Acute Lymphoblastic Leukemia
(Posted: 06/01/2007) Blood誌2007年5月11日号によると、標的薬イマチニブ(グリベック)に奏効しない、または抵抗性となった成人の急性リンパ性白血病(ALL)患者に多標的薬ダサチニブ(スプリセル〔Sprycel〕)はきわめて有益であるとみられる。


NCIキャンサーブレティン(vol. 4/no.18, May 29, 2007)より

36人を対象とした第2相臨床試験結果によって、分子標的薬であるイマチニブ(グリベック)を用いた治療に抵抗性を示した、またはその治療が奏効しない急性リンパ性白血病の成人患者に対し、多標的チロシンキナーゼ阻害剤であるダサチニブ(スプリセル)は極めて有益である可能性が示された。

しばしばフィラデルフィア染色体と呼ばれ、急性リンパ性白血病と診断された後の急速な疾病進行、および低い生存率に関連がある特定の染色体転座が本臨床試験に参加した患者にみられた。この染色体転座がBCR-ABLとして知られる融合蛋白を産生する。融合蛋白は通常は慢性骨髄性白血病に見られ、イマチニブが有効な治療とされている。

「イマチニブを含め、現在の治療法に抵抗性を示す患者が本試験に登録されたことから、これらのデータは非常に有意義である。」と、主任研究者であるヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学のDr. Olivier Ottmann氏らは5月11日付けでBloodのオンライン記事上に述べている。

本研究では、毎日70mgのダサチニブを2回投与された患者は強い血液学的および細胞遺伝学的効果が得られた。このことはそれぞれ、白血球数が通常に戻り、フィラデルフィア染色体陽性を示す細胞数が著しく減少したことを意味している。8ヶ月で42%の患者が血液学的効果を示し、そのうち3分の2が無増悪、58%の患者が遺伝子学的CR(完全寛解)を示した。

******
佐々木了子 訳
小宮武文(呼吸器科医 監修)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3遺伝子変異が多いほど、免疫チェックポイント阻害薬の奏...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8FDAががんプロファイル検査の承認経路を公表
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward