[ 記事 ]

健康なライフスタイルが遺伝的リスクの高い男性の前立腺がん死亡を抑える可能性

4月10日~15日に開催された2021年AACR バーチャル年次総会第1週で発表された結果によると、前立腺がんを発症する遺伝的リスクが高い男性では、健康的なライフスタイルを維持していれば致命的な前立腺がんを発症しにくかった。

前立腺がんは、皮膚がんを除いて男性に最も多いがんであり、肺がんに次いで男性のがんによる死亡原因の第2位である。遺伝的因子はさまざまな前立腺がんリスクのうちおよそ58%を占めていると、本研究の筆頭著者の1人で、ブリガムアンドウイメンズ病院 およびハーバード大学T.H.Chan公衆衛生学部の博士研究員であるAnna Plym博士は説明した。

本研究でPlym博士らは、健康的なライフスタイルを守ることにより、前立腺がんの遺伝的リスクの増加を相殺する可能性を評価しようとした。前立腺がん全体の検証済み多遺伝子リスクスコアを使用し、男性医療従事者の疫学研究(Health Professionals Follow-up Study)遺伝子型データが使用可能な10,443人の前立腺がん遺伝子リスクを定量化した。研究者らは致命的な前立腺がんに対し、健康的な体重、活溌な身体活動、禁煙、トマトや脂肪の多い魚などの積極的な摂取、加工肉摂取の減量などを含んだ検証済みのライフスタイルスコアを適用した。

フォローアップ期間の中央値は前立腺がん全体で18年および致命的な前立腺がんで22年であり、それぞれ2111件、238件を検討した。多遺伝子リスクスコアによるリスクが最も高い四分位の男性は、リスクが最も低い四分位の男性よりも、前立腺がんを発症する可能性が5.4倍、致命的な前立腺がんを発症する可能性が3.5倍高いことが示された。

健康的なライフスタイルを守ることによる効果を測定したところ、最もリスクが高い四分位の男性のうち、健康的なライフスタイルのスコアが高い男性は低い男性と比べて致命的な前立腺がんを発症するリスクがおよそ半分だったことがわかった。この高リスク群では、研究への参加時に健康的な生活を送っていた男性の致死性前立腺がんの累積生涯罹患率が3%であるのに対し、健康的な生活を送っていなかった男性では6%、参加者全体では3%だった。

「好ましいライフスタイルを送る患者で進行性の疾患のリスクが減少していることから、致命的な前立腺がんの過剰な遺伝的リスクが、健康的なライフスタイルを守ることによって相殺される可能性があることを示唆しているのかもしれません」Plym 博士は述べた。

健康的なライフスタイルを守ることは、前立腺がん全体のリスクを低下させることはなく、遺伝的リスクが低い四分位の男性に影響を及ぼすこともなかった。遺伝子リスクが最も高い男性に対する、致命的な前立腺がんリスクの減少にのみ利益が限定されている理由を究明するためには、さらに研究が必要であるとPlym 博士は述べた。理由の1つとして、高い多遺伝子リスクスコアの一因となる遺伝子変異は、ライフスタイル因子と最も強い相互作用を持つ変異でもあることが考えられる。

この研究は、禁煙、健康的な体重の維持、定期的な運動、健康的な食事など、健康的なライフスタイルの有用性を示す幅広いがん予防研究につけ加えられるものである。

Plym博士は本研究の結果は前立腺がんを発症する遺伝的素因を持つ男性に対するサーベイランスの重要性を強調していると付け加えた。

「私たちの知見は、遺伝的リスクの高い男性には、治癒が可能である間に致命的な前立腺がんを検出するために、前立腺がんを標的としたスクリーニングプログラムが有益である可能性を示唆する、という新たなエビデンスを加えることになります」Plym博士は述べた。

Plym博士 は、この研究が観察的であることから、健康的なライフスタイルと前立腺がんとの関連性が因果関係ではない可能性があることを指摘した。

本研究はDiNovi Family Foundation, アメリカ国立がん研究所(アメリカ国立衛生研究所), the William Casey Foundation, the Swedish Society for Medical Research, 前立腺がん財団より資金提供を受けた。Plym氏 は利益相反がないことを宣言している。

翻訳白鳥理枝

監修榎本裕(泌尿器科/三井記念病院)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。