[ 記事 ]

FDAがMMR機能欠損がある子宮内膜がんにdostarlimabを承認

 2021年4月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ含有レジメンで治療中または治療後に進行した、FDAが承認した検査で判定されるミスマッチ修復機能欠損(dMMR)がある、再発または進行子宮内膜がんを有する成人患者を対象に、dostarlimab[ドスタルリマブ](商品名:Jemperli、GlaxoSmithKline LLC社)を迅速承認した。

 有効性は、進行性固形がん患者を対象とした多施設共同、複数コホート、非盲検試験である、GARNET試験(NCT02715284)のコホート(A1)に基づいて評価された。有効性を示した集団に、プラチナ含有レジメンで治療中または治療後に進行したdMMRがある再発または進行子宮内膜がん患者71名が含まれていた。患者にドスタルリマブ 500mgを3週間ごとに4回投与後、1,000mgを6週間ごとに静脈内投与した。

 主要な有効性評価項目は、RECIST 1.1規準第1.1版に基づいて盲検下の独立中央審査(BICR)で評価された全奏効率(ORR)と奏効期間(DOR)であった.確定したORRは42.3%(95%CI:30.6%、54.6%)であった。完全奏効率は12.7%、部分奏効率は29.6%であった。DORは中央値に達しておらず、93.3%の患者が6カ月以上(範囲:2.6~22.4カ月、最終評価時に継続中)の奏効期間を有していた。

 重篤な副作用は、ドスタルリマブ投与を受けた患者の34%に認められた。2%以上の患者に認められた重篤な副作用は,敗血症,急性腎不全,尿路感染,腹痛,発熱であった。最も一般的な副作用(20%以上)は,疲労/無力感,悪心,下痢,貧血,便秘であった。最も一般的なグレード3または4の副作用(2%以上)は、貧血、トランスアミナーゼ上昇であった。免疫関連副作用として、肺炎、大腸炎、肝炎、内分泌障害、腎炎が起こる可能性がある。

 ドスタルリマブの推奨用量およびスケジュールは、500mgを3週間ごとに投与し(1~4回目)、4回目の投与の3週間後から、1,000mgを6週間ごとに疾患進行または許容できない毒性が認められるまで継続するというものである。ドスタルリマブは、30分かけて静脈内に注入する。

 ドスタルリマブ全処方情報はこちらを参照。

翻訳後藤若菜

監修田原梨絵(乳腺科、乳腺腫瘍内科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。