[ 記事 ]

蛍光ガイド下手術は悪性神経膠腫患者の再発を遅らせる

  • 2006年5月30日

    Fluorescence-Guided Surgery Postpones Relapse in Patients with Malignant Glioma
    (Posted: 05/30/2006) Lancet Oncology2006年5月号によると、蛍光ガイド下手術は、通常の手術に比べて悪性神経膠腫(脳腫瘍の一種)の進行を遅らせるが、生存期間の延長には貢献しない。

    【免責事項】

    当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
    翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

    関連記事