[ 記事 ]

PARP阻害薬ベリパリブと化学療法の併用で進行卵巣がんの無増悪生存期間が改善

第3相試験でBRCA変異を有しない患者に対するベリパリブの効果を確認

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターは、化学療法とPARP阻害薬ベリパリブの併用による初期治療で、新たに診断された高異型度の転移漿液性卵巣がん患者の無増悪生存期間(PFS)が有意に上昇したというVELIA試験の結果を報告した。

第3相ランダム化試験であるVELIA試験はGOG 財団の研究者により主導され、10カ国の202の施設で実施された。試験結果は、New England Journal of Medicine誌に本日掲載され、2019年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)年次総会で発表される予定である。

BRCA変異を有する患者に対し、化学療法+ベリパリブの併用療法後にベリパリブ維持療法を行ったときのPFS中央値は34.7カ月であったのに対し、化学療法+プラセボの後、プラセボで維持した対照群は22カ月であった。同様に相同組換え(HR)修復異常がある患者のPFSは、併用療法群の31.9カ月に対し、対照群では20.5カ月であった。

試験参加者全員のPFSは、併用療法群で23.5カ月であるのに対して、対照群では17.3カ月だった。

「この試験は、新たに卵巣がんと診断された患者を対象にPARP阻害薬を化学療法と併用した初めての臨床試験です」と、婦人科腫瘍学・生殖医学教授であり筆頭研究者であるRobert L. Coleman医師は述べた。「これらの結果、卵巣がん患者の治療におけるPARP阻害薬の有益性がさらに確認され、卵巣がんの補助的化学療法として最初から使用できる新たな治療薬であることが示されました」。

アメリカがん協会によれば、卵巣がんは女性生殖器系のがんの中でもっとも死亡数が多い。2019年には約22530人の女性が新たに卵巣がんの診断を受けると予測されている。治療法は進歩しているが、患者の75%以上で3年以内に病態の進行が認められる。

卵巣がんのおよそ20%がBRCA変異を示し、さらにこれと別の30%以上にHR修復異常を有するが、これらはいずれも正常なDNA損傷の修復を妨害する。PARP阻害薬は代償性DNA修復経路を標的にしており、これらの変異を有する腫瘍はPARP阻害剤の感受性が高くなる。試験の結果ではBRCA変異がある腫瘍を有する患者でもっとも効果が顕著だったが、BRCA変異を有しない患者に対するPARP阻害薬の効果も確認された。

試験では新たに高異型度の卵巣がん、卵管がんまたは原発性腹膜がんと診断された患者を対象とした。血液や組織のサンプルを分析し、BRCA変異や相同組換えの状態を確認した。

2015年7月から2017年7月にかけ、1140人の患者を化学療法+プラセボの後プラセボで維持する群(対照群)、化学療法+ベリパリブの併用後プラセボで維持する群(ベリパリブ併用のみの群)、化学療法+ベリパリブの併用後ベリパリブで維持する群(全期間ベリパリブ使用群)のいずれかにランダム化して割り当てた。

ベリパリブの併用療法は一般に忍容性が高く、想定外の毒性も認められなかった。ベリパリブによる有害反応として認められたのは、化学療法との併用時における貧血と血小板減少症の増加のほか、嘔気および全身倦怠感であった。

「今回の試験は、ステージ3またはステージ4の患者で、一次手術を受ける予定の患者および術前補助化学療法を受けている患者の両者を対象としており、私たちが毎日クリニックで目にしている患者集団を反映したものでした」とColeman医師は述べた。「これらの結果は心強いものであり、新たに卵巣がんの診断を受けた患者の多くに適用できます」。

今後の研究では、主に維持療法における併用療法として抗血管新生薬、免疫療法、あるいはその両方などを調査する予定である。ベバシズマブも最大投与量の化学療法と併用することができる薬剤であり、初期療法での使用、あるいはベリパリブとの併用療法戦略が次の研究ステップになると考えられる。

本研究はGOG財団より支援を受け、AbbVieより資金提供を受けた。

翻訳白鳥理枝

監修橋本仁(獣医学)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事