[ 記事 ]

ベバシズマブ維持療法へのオラパリブ追加は、新たに診断された進行卵巣がんに有効

オラパオラパリブ+ベバシズマブの維持療法により、全体および事前に割り付けた群すべてで無増悪生存期間(PFS)が有意に延長した。

卵巣がんと新たに診断された患者において、プラチナ製剤を含む初回化学療法後の維持療法は、ベバシズマブ単剤の標準療法と比較して、オラパリブを追加した方が無増悪生存期間を有意に延長した。この第3相試験結果は、スペインのバルセロナで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)学術集会2019で発表された。

進行卵巣がんと新規診断された患者に対するオラパリブ錠剤投与の有効性と安全性を評価したPAOLA-1 / ENGOT-ov25試験の本結果は、フランスのGINECO婦人科腫瘍臨床試験グループのLeon Bérard センター(リヨン)腫瘍内科学のIsabelle L. Ray-Coquard氏により発表された。

PAOLA-1 /ENGOT-ov25試験(NCT02477644)は、新たに診断されたFIGO進行期で3~4期、高悪性度漿液がんまたは類内膜がんの卵巣がん、卵管がんまた原発性腹膜がんの患者を登録したランダム化二重盲検国際第3相である。この第3相試験には、GINECOに代わってARCAGY(婦人科腫瘍研究学会)Researchとして 研究資金が提供された。GINECO は、ENGOT(欧州婦人科腫瘍試験グループネットワーク)のうちPAOLA-1臨床試験の主導グループである。

プラチナ製剤を含む化学療法+ベバシズマブによる併用治療後、臨床的に完全奏効または部分奏効を示した患者を、ベバシズマブ15mg / kgを3週間ごとに15カ月間投与することに加え、オラパリブ錠剤300mgを1日2回最長24カ月間投与する群とプラセボ内服群に2:1の割合で無作為に割り付けた。ベバシズマブ投与期間にはプラチナ製剤を含む化学療法に同時併用した期間が含まれる。初回治療の奏効度およびBRCA遺伝子変異で患者を層別化した。

主要評価項目は、プロトコル治療群の患者(ITT)に対し研究者がRECIST v1.1に基づいて評価した無増悪生存期間(PFS)とした。

追跡期間中央値は、オラパリブ投与群患者537人では24.0カ月、プラセボ投与群患者269人では22.7カ月であった。

59%のデータが完全収集された時点の解析で、無増悪生存期間中央値はプラセボ投与群で16.6カ月であったのに対して、オラパリブ投与群では22.1カ月と判明した(ハザード比[HR] 0.59 ;95%信頼区間[CI]、0.49-0.72;p <0.0001)。

結論
PAOLA-1 / ENGOT-ov25試験では主目標を達成し、初回標準治療であるベバシズマブ維持療法へのオラパリブ併用はプラセボと比較して、ITT集団(プロトコル治療群の患者)における無増悪生存期間が統計学的に有意かつ臨床的に有意義な改善を示した。BRCA遺伝子変異を有する患者およびHRD陽性患者において無増悪生存期間が大幅に改善した。

著者によると、これはPARP阻害剤とベバシズマブ併用療法を、手術後の腫瘍遺残状況やBRCA遺伝子変異の有無で限定されない進行卵巣がんの初回維持療法に用いた場合の有効性および安全性を評価した最初の第3相試験である。

利益相反の開示
本研究は、ARCAGY Research、AstraZeneca社、Merck & Co., Inc.社、およびHoffmann-La Roche社から資金提供を受けた。

参照文献
LBA2_PR – Ray-Coquard IL, Pautier P, Pignata S, et al. Phase III PAOLA-1/ENGOT-ov25 trial: Olaparib plus bevacizumab (bev) as maintenance therapy in patients (pts) with newly diagnosed, advanced ovarian cancer (OC) treated with platinum-based chemotherapy (PCh) plus bev.

翻訳佐藤美奈子

監修喜多川 亮(産婦人科/総合守谷第一病院 産婦人科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事