早期前立腺癌における手術Vs.経過観察 | 海外がん医療情報リファレンス

早期前立腺癌における手術Vs.経過観察

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

早期前立腺癌における手術Vs.経過観察

▼PubMed翻訳へ
Surgery Versus Watchful Waiting in Early Prostate Cancer
(Posted: 09/13/2002, Updated: 06/13/2005)the New England Journal of Medicineの2005年5月12日号で発表された研究によると、前立腺全摘術を受けた局所前立腺癌患者は、注意深く経過観察を行った患者よりも、癌の広がりや死亡(癌によるものまたは他の原因による)が少なかった。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward