術後ゲムシタビンが膵臓癌再発を遅らせる | 海外がん医療情報リファレンス

術後ゲムシタビンが膵臓癌再発を遅らせる

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

術後ゲムシタビンが膵臓癌再発を遅らせる

Post-Surgery Gemcitabine Delays Recurrence of Pancreatic Cancer(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/gemcitabine-and-pancreatic-cancer0505)
(Posted: 05/14/2005)2005年ASCOでの報告によると、ゲムシタビンを追加した切除可能膵臓癌患者は、手術のみの患者のほぼ2倍再発までの期間が長かった。


要約
手術可能な膵臓癌でゲムシタビンの補助療法を受けた患者は、手術単独治療の患者と比較して再発まで2倍近い期間生存しました。今回の臨床試験は、手術可能な膵臓癌患者の治療に化学療法の追加が有効であることを示す初めての大規模無作為化臨床試験です。

出典  ASCO年次総会、フロリダ州オーランド、2005年5月14日。

背景
膵臓癌患者の約20%は、腫瘍が小さくて、膵臓以外に転移する前の早期の段階で発見された場合には5年間生存します。しかし残念なことに、これほど早期の段階で発見される腫瘍は5個のうち1個未満です。大半の患者には癌が進行するまで癌特異な症状が現れません。全体的には、膵臓癌患者のうちわずか4%が診断後5年生存していないのです。

研究者たちはこの数値を改善しようとして腫瘍切除後の膵臓癌患者に化学療法を施してきましたが、これまで試してみた薬剤で、より長い生存期間を実現した薬剤はありませんでした。

1997年以来、ゲムシタビンによる化学療法は、手術では切除できないほど進行した膵臓癌患者に対する標準的な治療選択肢でした。今回の試験の目的は、ゲムシタビン補助療法が手術で切除可能な患者にも有効であるかということを判断することでした。

試験
今回の臨床試験には手術可能な膵臓癌患者368例が参加しました。半数の症例は術後6週間以内にゲムシタビン投与を開始して6ヵ月間投与するよう無作為に割り付けられました。残りの半数は手術後観察のみ行いました。ベルリンのCha’rite大学医学部のPeter Neuhaus医学博士がドイツとオーストリアの研究チームを統率しました。

結果
ゲムシタビン投与を受けた症例の癌再発時期は中央値14.2ヵ月後であったのに対して、手術後観察のみ行っていた症例の癌再発時期の中央値は7.5ヵ月後でした。白血球数の減少、血小板数の減少、下痢、および、吐き気といったゲムシタビンの副作用が生じた症例もありましたが、こうした副作用はおおむね重度のものではありませんでした。

制限事項
癌の進行を遅延するということが、すなわち、かんじゃの生存期間を延長することを意味するというには時期尚早であると、Neuhaus博士は述べます。生存期間に関するデータは患者をさらに長期間追跡した後、2005年中には得られるものと思われます。

コメント
「今回の臨床試験は手術可能な膵臓癌の患者にとって術後補助化学療法が有効であることを示す最初の無作為化臨床試験です」と、Neuhausu博士は語ります。また、ゲムシタビンの副作用は稀であり、また、比較的軽度であるので、患者が同薬をしやすいという点が楽観的と言えることですと、Neuhausu博士は付け加えました。

(有田香名美 訳・しげどん 監修)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  8. 8濾胞性リンパ腫治療の新時代
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward