[ 記事 ]

一部のメラノーマ患者はセンチネルリンパ生検によって生存期間が延長される

  • 2005年5月14日

Sentinel Node Biopsy Helps Some Melanoma Patients Live Longer(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/melanoma-and-SNB0505)
(Posted: 05/14/2005) 2005年ASCOでの報告によると、リンパ節転移のあるメラノーマ患者には「Watch and Wait」アプローチよりも、リンパ節mappingやセンチネルリンパ生検(先に転移リンパ節を探し当てる)のほうが生存期間の延長に貢献する。

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事