Aprepitantが乳癌の化学療法に起因する嘔吐を減少させる | 海外がん医療情報リファレンス

Aprepitantが乳癌の化学療法に起因する嘔吐を減少させる

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Aprepitantが乳癌の化学療法に起因する嘔吐を減少させる

Aprepitant Reduces Chemotherapy-Induced Vomiting in Breast Cancer(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/aprepitant0505)
(Posted: 05/06/2005) Journal of Clinical Oncology2005年4月20日号によると、嘔気、嘔吐を防ぐ標準治療薬に加えてAprepitant (EmendR)を投与された乳癌化学療法中の女性は、顕著に嘔吐が少なく、より良好なQOLを保った。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward